一般社団法人 新潟馬主協会

お問い合わせ電話番号:025-259-5857

一般社団法人 新潟馬主協会

馬名あてクイズ!!

レース結果      Race Results!

ソルヴェイグが重賞勝利!

(2016.06.19)

第23回函館スプリントステークス(GⅢ)

馬主 :(株)G1レーシング

今週の注目馬      Attention horse

 

 

  次回の情報は7/1に公開します。

サトノオニキス 6月25日(土)
里見治

函館3R 3歳未勝利 芝1800

函館に入厩してウッド5ハロンから70・0-54・0-40・7-13・5秒と軽めの稽古だったが、元来が仕上がり早タイプ。フットワークに軽さもあり態勢は整ったと見てよさそう。前走はスロー外枠で前半にやや行きたがる素振りを見せただけに、コーナー4つになる舞台替わりは歓迎。今度こそ初V奪取。

ベラポーサ  6月25日(土)
吉田和子

東京9R 日野特別 ダ1600

先行遅れでウッド5ハロンから70・7-55・7-40・7-12・4秒。相変わらず稽古では目立たないが調整自体は順調そのもの。血統通りにダート替わりで変わり身を見せたが、出遅れて差す形での5馬身差Vは強烈なインパクトだった。降級馬が多く大幅な相手強化となるが52キロなら不安よりも魅力が大。

ブルックデイル 6月25日(土)
社台レースホース

函館10R 湯川特別 芝2000

降級の遊楽部特別は人気に反する結果に終わったが、逃げた馬を除けば実質緩めのペースでありながら縦長展開。実力を発揮し難い流れとなってしまった影響が大きかった。加えて、想定外とも言える速い馬場だったこともマイナスに作用した。今度は望み通りの渋い馬場が見込めるだけに連闘で即反撃が期待できる。

ステイキングダム 6月26日(日)
社台レースホース

阪神8R 城崎特別 芝1800

ひと追い毎に確実に動きがよくなり、最終追いではウッド6ハロンから84・9-69・4-52・9-39・5-12・3秒と上々の伸び脚を披露。休み明けでも動ける態勢になった。大寒桜賞は直線でモタれ気味、大事に構え過ぎた結果の切れ負けとなったが0秒4差は1勝クラス上位の実力の証明。復帰を順当Vで飾る。

アレスバローズ 6月26日(日)
猪熊広次

阪神9R 皆生特別 芝1200

今週は坂路で4ハロン56・1-40・1-12・0秒としまい重点だったが、1週前には52・3-37・4-12・0秒としっかり調教を消化。引き続き好状態を保っている。この距離に出走を絞ってからは一戦毎にレース運びが上手になり、前走も直線で遊ぶ余裕がありながらの完勝劇。再度の同条件戦で首位争い。

ハラペーニョペパー 6月26日(日)
グリーンファーム

阪神12R リボン賞 ダ1400

重い馬場を苦にすることなく坂路でラスト好伸。4ハロン53・4-37・5-24・2-12・3秒を計時した。乗り込み順調で休み明けの不安を感じさせない仕上がり。鳴門Sはスタート後、3角で寄られて遠慮気味の運びがウラ目と出たが、播磨Sが示すように1600万通用のスピード保有馬。ここでは力が違う。

このページの先頭へ