第23回ユニコーンステークス(GⅢ)
馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2018/3/22new
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9new
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

新潟の風景写真コンテスト受賞者発表!

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は6/22 に公開します。
吉田千津

コシミノダンサー 6月16日(土)

阪神6R 3歳未勝利 芝2400

中1週のため坂路4ハロン57・8-41・2-26・1-12・5秒と控えめだったが、硬さなくスムーズな動きを見せて好気配。前回時の状態をキープしている。立て直して馬体が戻った前走は道中ジッと我慢。直線は進路取りに苦労しながらも目立つ伸び脚を発揮して実力を再アピールした。引き続きの長距離戦で初V目指す。

猪熊広次

ブレイヴバローズ 6月16日(土)

函館7R 3歳上500万下 ダ1000

先月末にウッド6ハロン83・1-12・3秒、坂路で4ハロン53・5-12・7秒とビッシリ乗り込んでの函館入り。今週もウッド5ハロンから69・0-40・4-13・6秒としっかり時計を出して久々の不安を感じさせない仕上がり。やや距離は忙しいかもしれないが、スピード生きる舞台の500万戦なら地力で他馬圧倒。

サトミホースカンパニー

サトノファンタシー 6月16日(土)

阪神11R 天保山S ダ1400

あまり速い稽古時計が出ないタイプだが、今週は坂路で4ハロン51・7-38・2-25・2-12・8秒と好タイムを計時。使われながら着実に体調が上向いており、充実期に入りつつある印象。停滞時期もあったが近走ではオープン通用の能力を改めて証明。5戦3勝と相性抜群の阪神1400戦なら崩れることは考えられない。

飯塚知一

ルックトゥワイス 6月16日(土)

東京11R ジューンS 芝2000

前走後も意欲的に乗り込まれ坂路&ウッドで上々時計をマーク。最終追いもしまい重点に坂路で55・1-39・4-12・4秒とラスト好伸。久々をひと叩きされた効果は十分に見込めそうだ。前走の勝ち馬はすぐに目黒記念を制して重賞ウイナーの仲間入り。超速馬場でトップハンデを背負いながら2着した実力は同等評価できる。

グリーンファーム

エトワールドパリ 6月17日(日)

函館1R 3歳未勝利 ダ1700

3日に栗東坂路で4ハロン53・4-38・3-12・3秒を計時。当地入りした今週もウッド5ハロン70・5-41・4-12・7秒と元気いっぱいの姿。いい意味で体調に変化は感じられない。前走は勝ち馬に突かれる形となってテンの入りが少し速くなったがバッタリ止まらず2着を確保。小回り1700戦なら待望のV好機。

原禮子

オメガプランタン 6月17日(日)

函館3R 3歳未勝利 芝1200

函館ウッドで4ハロン56・9-40・3-12・7秒。数字自体は平凡でも伸び脚は上々で元来が仕上げに手間取らないタイプ。リフレッシュ効果が期待できる。芝でもダートでも詰めの甘さが残るレースぶりだが、安定したレース運びができるスピードは勝ち上がり資格十分。持ち味が生きる開幕馬場の函館舞台なら粘走が可能だ。

GⅠレーシング

ウラヌスチャーム 6月17日(日)

東京12R 3歳上500万下 芝1800

ウッド6ハロンから先行先着で85・6-69・2-54・1-39・8-13・1秒。馬なりのまま僚馬を圧倒し、張り良好のムダない馬体も非常に目立つ。着実に成長を遂げている印象を受ける。パンパン良馬場の時計勝負になると分が悪いだけに、降雨の影響が残りそうな状況は大歓迎材料。好素材が揃った一戦でも見劣らない。

このページの先頭へ