第23回プロキオンステークス(GⅢ)
馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2018/3/22new
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9new
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は7/20 に公開します。
田畑利彦

クレバージェット 7月14日(土)

福島2R 3歳未勝利 ダ1150

きっちりと間隔を取って坂路でしっかり追われ、4ハロン52・4-37・9-25・4-13・0秒と上々時計。中1週続きだった前回時よりもいい状態で臨めそう。デビュー戦の走りを思えば勝ち上がりに手間取ってるが一戦毎に確実に競馬を覚えてきている印象。現状、長くなるよりは短い方が力を発揮しやすく順番到来。

原禮子

オーケストラ 7月14日(土)

福島3R 3歳未勝利 ダ1700

1週前にウッド6ハロン83・7秒で追走先着。今週も坂路で4ハロンから52・6-38・4-25・4-12・6秒を計時。1000万馬をアオッて十分なリフレッシュ効果と体力面の増強が感じられる。デビュー2戦は体力不足で勝負処で置かれるレースぶりだったが、秘める走力は勝ち上がり資格十分なレベルで勝機あり。

ライオンレースホース

シュバルツリッター 7月14日(土)

福島9R 雄国沼特別 芝1800

美浦での追い切り本数は少ないが、追走内でウッド4ハロン52・9-38・4-12・4秒と伸び脚良好。実力発揮の態勢は出来上がっている。やや前向き過ぎる気性で相手にも恵まれず勝ち上がりに6戦を要したが、全戦で掲示板を確保できているのは確かな地力があるからこそ。先行力が生きる福島なら昇級でも好戦が望める。

社台レースホース

スウィフトレイド 7月14日(土)

福島11R 安達太良S ダ1700

帰厩して日は浅いが順調に乗り込まれ、最終追いはウッド5ハロンから68・3-52・6-38・0-12・8秒と力強い伸び脚を披露。坂路で放馬のアクシデントがあった前回よりも体調はよさそうだ。再昇級後、一歩及ばない競馬が続いているがいずれも展開のアヤで内容は悪くない。流れ向きそうな福島で前進が期待できる。

吉田千津

ボーンスキルフル 7月15日(日)

函館4R 3歳未勝利 芝1200

函館入りして時計2本。最終追いはウッド4ハロン57・3-41・8-12・7秒と控えたが体をしっかり見せて気配良好。輸送による悪影響は感じられない。デビュー当初は気性面の幼さが感じられたが、一戦毎に競馬の形ができてきて徐々に歩様もしっかりしてきた印象。持ち前のスピードを行かせる平坦1200戦で前進必 至。

GⅠレーシング

ヴィジリア 7月15日(日)

福島6R 3歳未勝利 ダ1700

坂路で4ハロン55・9-41・2-27・8-14・2秒。馬体維持に主眼を置いた感じで軽めの調整に終始したが、その甲斐あって細くは映らない体形。力は発揮できる状態と見る。前走では珍しく前向きな姿勢を見せて福島替わりにも十分に対応できそうなレース運びができたのは大きな収穫。今回こそ待望の初勝利を奪取する。

社台レースホース

グラットシエル 7月15日(日)

中京10R シンガポールターフクラブ賞 芝2000

中1週でも坂路で4ハロン52・1-37・6-24・6-12・1秒と好時計をマーク。休み明けを1度使われた上積みは十二分に見込める。前回は外を回される形になって最後の最後でひと伸びを欠いたが、大型馬の休み明けとしては地力上位を証明する走りだった。相手は揃ったが現級勝ちを決めているこの舞台なら好戦可能だ。

このページの先頭へ