馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2017/12/15new
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24new
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

新潟の風景写真コンテスト受賞者発表!

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は1/19に公開します。
子安裕樹

エピックスター 1月13日(土)

中山5R 3歳新馬 芝1600

除外で出走が延びたため、最終追いは坂路で4ハロン54・0-39・8-26・1-12・9秒と控え目だったが、先月にはウッドコースで再三の併せ馬で活発な動きを披露。重いウッドを苦にすることなく5ハロン66・9-52・2-38・5-13・3秒と水準以上の時計をもマークしている。テンポいい走りが好印象で初戦から首位争い可能。

サトミホースカンパニー

サトノオンリーワン 1月13日(土)

中京7R 3歳未勝利 芝2200

年明けにウッド5ハロン69・2-53・6-39・7-13・3秒。今週も4ハロン54・8-40・2-13・4秒と順調に乗り込まれ、実戦を経験する毎に確実に体力が増強されている印象。スパッと切れる脚がないために勝ち切れないが、常に上位争いに顔を出しているのは確かな地力を備えているからこそ。距離延長を味方に待望の初V決め。

原禮子

ファミーユボヌール 1月13日(土)

京都7R 4歳上500万下 ダ1400

坂路で4ハロン53・2-38・6-25・3-12・5秒とラスト好伸。2週連続で同じような時計をマークできており、調子落ちをまったく感じさせない元気な姿を見せている。前回は出負けが響いて10着に敗れたが、直線では上がり2位の脚をしっかり使えて悲観すべき内容ではなかった。相性いい京都のダート戦で改めて期待を懸けられる。

グリーンファーム

マキシマムドパリ 1月13日(土)

中京11R 愛知杯 芝2000

1週前に坂路4ハロン52・7-38・5-12・8秒をマークし、今週はしまい重点にサラッと流して56・9-41・0-12・5秒。軽快なリズムいい走りで好気配をガッチリ保っている。昨年にこのレースを制して以降、2000以上戦では崩れることなく牡馬相手でも互角勝負を演じて地力強化を証明。この相手なら56キロでも首位有望。

社台レースホース

リバティハイツ 1月14日(日)

中京7R 3歳未勝利 芝1600

年明けに坂路で4ハロン53・8-38・5-12・4秒を計時し、今週も53・7-39・1-12・6秒と初戦後の乗り込みも至って順調。引き続き力を発揮できる状態にある。初戦は道中内でモタつき気味になるシーンもあったが、直線で外に出してからは素晴らしい伸び脚を披露してクビ差の3着。距離延長も好材料となりそうで白星奪取の期待。

吉田千津

ソレイユドパリ 1月14日(日)

中山8R 4歳上1000万下 ダ1800

前回は出遅れて今までにない後方からの競馬となってしまったが、直線に入ると豪快に脚を伸ばして3着。能力の高さを示すとともに、精神面の逞しさを感じさせるレースぶりだった。しかも、この中間は意欲的で先週にウッド6ハロン84・5秒、僚馬を1秒6も突き放す快走を見せて今週も67・6-37・8-12・7秒のしっかり調教。順当V機。

猪熊広次

デルタバローズ 1月14日(月)

中山11R 京成杯 芝2000

1週前に3頭併せで楽に最先着を決めてウッド5ハロン67・2-38・5-13・2秒をマーク。今週も年長馬を脚色で圧倒して67・2-52・1-37・5-12・7秒と初戦時よりも動きは格段によくなっている。その初戦も折り合い面に不安がないことを示し、悪馬場でも最後までストライドが伸びる鮮烈な勝ちっぷり。即重賞でも通用する器だ。

このページの先頭へ