馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2018/2/8new
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2new
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

新潟の風景写真コンテスト受賞者発表!

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は3/2に公開します。
猪熊広次

マッスルバローズ 2月24日(土)

小倉2R 3歳未勝利 ダ1000

中1週でも坂路でラストしっかり伸びて4ハロンから54・9-39・7-25・5-12・3秒をマーク。張り良好な馬体、疲れも感じさせない動きを見せて好気配をキープできている。前回はスタートがひと息でテンにムダ脚を使わされ、4角では外に張るような仕草を見せて先行馬から離されたのが痛かった。この距離2度目で前進必至。

サトミホースカンパニー

サトノエターナル 2月24日(土)

阪神4R 3歳未勝利 芝2000

休み明けとなるがウッド6ハロン追いを3本消化。今週はセーブ気味で85・6-69・5-38・9-11・8秒としまい重点だったが、先週には82・5-67・3-38・4-11・8秒と仕上がり合格を告げる時計。態勢は十分に整った印象だ。初戦は5ハロン通過64秒4の展開のアヤに負けただけで伸び脚は目立っていた。今度こそ。

三田昌宏

ハーベストムーン 2月24日(土)

小倉10R くすのき賞 ダ1700

輸送があるため最終追いは坂路4ハロン54・5-39・8-26・5-13・4秒と控えたが、18日に51・9-37・9-12・7秒と実質的な追い切りを済ませており上積み見込める動きを披露している。前走は徐々にポジションを上げていき、最後も余力たっぷりに抜け出す危な気ない勝ちっぷり。コース合いそうで昇級戦でも好戦期待。

 原禮子

オメガハートビート 2月25日(日)

中山5R 3歳未勝利 芝2200

先月中旬から丹念に併せ馬を4本消化して豊富な乗り込み量を誇る。今週も小雪が舞う走り難い状況の中でウッド4ハロンから54・1-39・1-12・7秒を計時。1600万馬に見劣りしない動きを見せて能力、仕上がり度ともに水準以上の印象だ。既走馬相手と条件は厳しいが、現レベルならいきなりから好勝負に持ち込んで不思議ない。

GⅠレーシング

アルスフェルト 2月25日(日)

小倉6R 4歳上500万下 ダ1700

前走時は滞在効果でいい意味でプラス体重。気配のよさがヒシヒシと伝わってきた。ただ、実戦では思ってたよりも後方の位置取りとなってしまい、3~4角は内で窮屈めとなって身動き取れない状況。スムーズに直線に向けなかった分、追い出しが遅れたのが非常に悔やまれる。それでも、内から猛追の伸び脚が現級上位の力量の証明と言える。

 飯塚知一

シャドウアイランド  2月25日(日)

中山6R 3歳500万下 芝1800

ウッド4ハロンから追走併入で53・0-38・6-12・9秒。小気味いいフットワークを見せて、前走後も調整は至って順調だ。前走は位置を取りに行く競馬をして、直線でも長く渋く脚を使っての初V奪取。このレースぶりからすると、中山1800舞台へと替わることが大きなプラス材料となりそう。レース運びのうまさで昇級即突破の期待。

GⅠレーシング

ペルシアンナイト 2月25日(日)

中山11R 中山記念 芝1800

目標は次戦の休み明けという状況だが、中間にウッド6ハロン追いを2本行い、今週は馬なりで5ハロンから67・7-51・8-37・9-12・2秒を計時。貫禄ある動き、重め感ない動きで9分通りは仕上がった印象がする。ここまでの全9戦で大きく崩れたのは2400のダービーと不良馬場の富士Sだけ。A級馬の底力で首位争いが望める。

このページの先頭へ