馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

入賞者発表!!新潟の風景写真コンテスト 詳細ページへ

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は8/25に公開します。
社台レースホース

ジュローズ 8月19日(土)

新潟7R 3歳未勝利 芝1000

余裕ない脚色でウッド4ハロン53・1-39・7-14・1秒。小柄な牝馬で重いウッドでは動けないが、乗り込み自体は順調で体調はキープできている。前走は発馬ひと息ながら3角で馬群に取り付くスピードを見せた。同時に内で詰まって大ブレーキの不利がありながらの1秒差で進境を見せており芝、直千で大変身の可能性あり。

猪熊広次

ゼウスバローズ 8月19日(土)

新潟11R 日本海S 芝2200

坂路で4ハロン55・0-40・1-26・3-13・3秒と控えめな調整だが、中間も順調に時計を出せており暑い時季だけに心配ないだろう。近3走は距離に関係なく上がり33秒台の鬼脚で3戦連続の上がり1位を記録。まさに今が旬と思える走りを見せている。今回は内回り戦でベスト舞台とは言い難いがこの頭数なら問題なし。

吉田安恵

キングリッド 8月19日(土)

札幌12R 石狩特別 芝1500

札幌ダートで5ハロンから69・1-54・1-40・6-12・5秒と上々の伸び脚を披露。馬体の張りも良好でリフレッシュ効果が見込める仕上がり具合だ。折り合い面に難を残しながらこの戦績を残せているのは高い能力があるからこそ。前走でも1勝クラス上位の能力を示す走りができており、滞在競馬で実力を存分に発揮できそう。

石川達絵

シャブリ 8月20日(日)

小倉2R 3歳未勝利 ダ1700

1週前に坂路で4ハロン50・6-37・2-12・9秒とA級時計をマーク。今週も52・9-37・9-12・3秒と更なる体調良化をアピールする動きを見せている。前走は初ダート戦にもかかわず積極的なレース運びを試み、厳しめの流れでも最後まで抵抗する好内容。稽古のよさを実戦で生かせるようになってきており初V絶好機。

里見治

サトノキングダム 8月20日(日)

新潟9R 村上特別 芝1600

調布特別は直線で中途半端な位置にハマッてしまい、絶好調時ほどの伸び脚も見られなかったが着差自体は0秒2とわずか。やはり現級上位の能力を持っている。立て直した今回は先週に坂路で4ハロン52・7ー12・6秒。今週は脚色劣勢ながらもウッド5ハロン68・5-37・5-12・8秒と十分な時計。実力発揮の態勢は整った。

社台レースホース

グラットシエル 8月20日(日)

小倉10R 西部スポニチ賞 芝1800

先週に坂路で4ハロン51秒台。今週も52・0-37・6-24・3-11・9秒と切れ満点の伸び脚。今後のランクアップが期待できそうな仕上がり状態だ。3歳春の時点で2勝マークと立派な戦績ながら、良化余地を残す体つきだった印象が強い。成長を促した効果が見込める今回、どんな走りを見せてくれるのか大いに楽しみ。

GⅠレーシング

ラレータ 8月20日(日)

小倉12R 3歳上500万下 ダ1700

やや間隔は開いたが、1週前に坂路で4ハロン53・7-39・0-12・4秒。今週も54・2-38・3-12・8秒と至って順調な仕上げ過程。近走の状態を保っている。ダートに活路を求めて成績安定。前々走の上位馬は以降に勝ち星を挙げているハイレベル戦でもあった。前走も馬群内々で長く脚を使えており舞台替わりも心配なし。

このページの先頭へ