馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2017/11/24new
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17new
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

新潟の風景写真コンテスト受賞者発表!

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は12/15に公開します。
吉田和子

ストロボフラッシュ 12月9日(土)

中京3R 3歳上500万下 ダ1200

中間は坂路で順調に乗り込まれ、今週はウッド4ハロンから52・8-38・1-13・7秒。数字自体は目立たないかもしれないが、時計要した馬場状態を考えれば十分な調整内容と言える。前回は前に壁を作れず強引気味に先頭に立つ体力ロスの厳しい競馬をしながら、一旦は後続を突き放す見せ場十分の4着。距離短縮で前進必至。

社台レースホース

ユラノト 12月9日(土)

阪神8R 3歳上1000万下 ダ1800

先週にウッド6ハロン81・2-66・8-38・3-12・6秒を馬なり計時。今週も坂路で4ハロン52・6-38・3-13・0秒と活気十分の調整ができており好状態を保っている。昇級初戦は距離不足で結果を出せなかったが、1800の前回は流れに乗っての末脚発揮と改めて現級通用の実力を見せた。ここは順当Vの絶好機。

GⅠレーシング

レジェンドセラー 12月9日(土)

阪神10R オリオンS 芝2400

ウッド6ハロンから3頭併せの内で84・0-69・2-54・6-40・1-13・1秒をマーク。重い馬場状態を苦にすることなく最後はしっかり伸びて体力アップの現状を強くアピールした。以前は展開に左右される傾向が強かったが、前走では2番手で運んで本領発揮の快勝劇。ようやく馬体に実が入ってきた印象で連勝の期待十分。

グリーンファーム

マキシマムドパリ 12月9日(土)

中京11R 中日新聞杯 芝2000

坂路で定番のしまい重点調教で手応え十分に54・1-38・7-24・4-11・8秒とラスト鋭伸。前回同様の雰囲気を保って目下の体調のよさが目を引く。今回は牡馬相手となるが中京2000戦は重賞で4、1着と相性いい舞台。多少、時計要す馬場がベターなタイプだが持ち時計は1分57秒台。体調のよさで上位争いに持ち込める。

石川達絵

タンゴ 12月10日(日)

中京2R 3歳上500万下 ダ1400

中央再入の一戦となるが、1週前に坂路で4ハロン52・9-39・2-12・6秒。今週も53・0-38・8-13・4秒とこのクラスでも十分に戦って行けそうな動きを見せている。元々、肉付きしっかりの好馬体を誇示しており、デビュー戦でも直線で伸びかけるシーンがあっての0秒5差。この距離なら能力自体も見劣らない。

社台レースホース

ノーブルカリナン  12月10日(日)

阪神3R 2歳未勝利 芝1800

夏以来の一戦となるが、先月にウッド6ハロン追いを3本消化。2週前には80・9-65・9-38・1-12・0秒と水準以上の時計をマークしており実力発揮の態勢は整った印象だ。初戦も超速上がりの展開で決め手ある馬に差し込まれたが、自身もしっかり脚を使って決して止まってはいなかった。復帰初戦から首位争いが望める。

阿部雅英

ヒシマサル 12月10日(日)

阪神9R 境港特別 芝2200

未勝利を勝ち上がるのに時間を要したが、500万クラスは2戦で卒業。その前走にしてもゲートに突進して外枠発走となりながらのV奪取。まだ底を見せていない印象で現級即通用の可能性を秘めている。1週前にウッド6ハロン80・8秒、今週も坂路で55・6-12・7秒と質量十分の乗り込みを消化しており休み明けでも注目。

このページの先頭へ