馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2017/11/17new
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

新潟の風景写真コンテスト受賞者発表!

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は11/24に公開します。
GⅠレーシング

プロネルクール 11月18日(土)

京都1R 2歳未勝利 ダ1400

ウッド4ハロンから馬なりでスッと脚を伸ばして55・2-40・0-12・3秒をマーク。初戦時よりも軽さが増した印象で、叩かれた効果が確実に認められる。そのデビュー戦は覇気ひと息のパドック周回で実戦でもスタートひと息だったが、直線では余力がありそうな感じで差を詰めて3着。勝ち上がりを狙える脚力を持っている。

吉田千津

ハーレムライン 11月18日(土)

福島4R 2歳未勝利 芝1800

少し間隔を開けたが、1週前に坂路で4ハロン53・9-38・9-12・5秒。今週も54・2-39・7-12・9秒と末しっかりの好調教を連発。現在の重めの馬場状態を考慮すれば能力の確かさも示す動きと言える。過去2戦の相手レベルも水準以上で、2戦目ではレース運びに上達が見られた点にも好感。初Vの絶好チャンス。

原禮子

オメガプランタン 11月19日(日)

東京6R 2歳新馬 芝1400

今月に入って本格調教を消化し坂路で4ハロン53・9-12・9秒。先週にはウッド6ハロン追いを敢行してラスト11・8秒と抜群の伸び脚を披露した。最終追いでもウッド5ハロンから69・6-53・6-39・2-12・2秒。先行馬を一瞬で突き放す素晴らしい反応と小気味いい俊敏なフットワークが印象的で首位争いが濃厚。

飯田正剛

カウントオンイット 11月19日(日)

福島10R 土湯温泉特別 芝1800

休み明け初戦はスタートの躓きもあって競馬に参加できなかったが、互角のスタートを切った柏崎特別では積極的なレースぶりで見せ場たっぷりの3着。3歳オープン戦で好戦を演じた能力に偽りがないことを証明した。今週は坂路で4ハロン54・1-39・2-25・3-11・9秒と更なる良化を告げる好稽古。前進が期待できる。

三田昌宏

オールマンリバー 11月19日(日)

東京10R 錦秋S ダ1600

もうひとつ勝ち運に恵まれないが、1週前にウッド6ハロン79・7-64・6-38・0-12・2秒を計時。今週も坂路でしまい重点に4ハロン54・6-39・2-12・3秒と体調面に陰りない動きを見せている。前回の秋嶺Sも結果的に5ハロン通過57秒4の流れに乗り過ぎてしまった印象で力負けではない3着。改めてV期待。

社台レースホース

イスラボニータ 11月19日(日)

京都11R マイルCS 芝1600

輸送を控えてるため今週はウッド5ハロン66・0-51・1-38・0-12・8秒とセーブ気味だったが、1週前にウッド6ハロン80・0秒、ラスト12・6秒と迫力満点の好稽古を披露。着実に体調は上がってきている。富士Sは58キロを背負って得意とは思えない悪馬場の中での2着確保。好相性の京都マイル舞台で戴冠好機。

猪熊広次

ゴルゴバローズ 11月19日(日)

京都12R 西陣S ダ1200

ウッドで長短5本の時計をマークし、最終追いは4ハロンから53・0-37・8-12・3秒。3頭併せの真ん中でシャープな伸び脚を繰り出し、休み明けの不安を感じさせない仕上がり状態。どんな形でも競馬ができるのが短距離馬としては非常に心強い材料で現級勝ちを飾っているのもこの舞台。4戦3勝の1200戦なら好戦間違いなし。

このページの先頭へ