第20回小倉サマージャンプ(J・GⅢ)
馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2018/3/22new
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9new
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は8/17 に公開します。
GⅠレーシング

ダンスメーカー 8月11日(土)

新潟3R 3歳未勝利 ダ1800

ウッド5ハロンから71・9-56・1-40・9-13・2秒で2歳馬に遅れを取ったが、稽古は走らない実戦派。乗り込み自体は至って順調で体調面を不安視する必要はまったくない。前走は3角手前で落馬寸前の不利がありながら、素晴らしい勝負根性を見せてのクビ差3着。現レベルでは上位の脚力があり今度こそV奪取。

ライオンレースホース

ソルフェージュ 8月11日(土)

小倉7R 3歳未勝利 芝1800

中1週でも坂路でしまい軽く気合をつけられ4ハロン54・4-39・9-25・9-12・7秒としっかり時計をマーク。暑さによる悪影響は感じられない調整ぶりだ。前走は休み明け、掘れる馬場の影響もあってか反応が遅くてジリジリとした伸び脚だったが、軽さに勝る走法から平坦の小倉替わりが大きなプラス材料となる。

猪熊広次

クリムゾンバローズ 8月11日(土)

新潟7R 3歳上500万下 ダ1200

坂路4ハロン52・8-39・3-26・3-13・6秒とテンから飛ばしたためラスト要したが、この時期にしっかり調教を積めるのは元気な証拠。叩いた上積みを十分に期待できる。前回はテンションが上がって出遅れ。3角から強引に押し上げる雑な競馬となりながら0秒3差と現級上位の力量を披露。今度は本領を発揮する。

社台レースホース

ヴゼットジョリー 8月11日(土)

新潟11R 新潟日報賞 芝1400

坂路で4ハロン54・9-39・7-26・4-13・2秒を馬なり計時。中1週となるため控え目の調整に終始したが、小気味いいフットワークで好状態をキープできている。本質的に上がり勝負の競馬は向いてない印象が強いが、月岡温泉特別では自身の上がり32秒5をマーク。余程、新潟馬場が合うようで再度の好戦必至。

阿部雅英

ヒシエトワール 8月12日(日)

新潟5R 2歳新馬 芝1600

先月末にウッド6ハロン81・5-66・9-52・6-37・9-12・7秒を馬なりで計時。その後も坂路、ウッドで順調に調教を積まれ、最終追いはウッド4ハロン53・5-38・9-12・5秒。直線でしっかり追い出されると重心がグンと沈んで力強い伸び脚を披露。仕上がり度、動きともに初戦Vレベルに達している。

GⅠレーシング

ダンサール 8月12日(日)

札幌9R 3歳上500万下 芝1800

函館での追い切り本数こそ少ないが、1週前にウッド4ハロン54・1-38・7-12・3秒。今週も5ハロン68・1-38・9-13・0秒と2週連続でしっかり追われており及第以上の仕上がり状態にある。均整が取れた好馬体から繰り出すバネが利いた大きなフットワークは間違いなく現級上位の資質。休み明けでも好戦期待。

サトミホースカンパニー

サトノプライム 8月12日(日)

札幌12R 大雪ハンデキャップ ダ1700

函館ウッドで5ハロン70・3-54・7-40・3-13・4秒と軽めの調整だが張り良好の馬体を誇示。走れる状態をガッチリと保っている。駒場特別は3~4角の急ペースアップ時に馬群内で対応し切れなかったが、直線で前が開けると現級勝ち実績馬らしい伸び脚を繰り出して3着。違う形で競馬ができたのは収穫で実力信頼。

このページの先頭へ