協会の歴史

新潟競馬場の歴史 平成~

平成元年 3月
・ ターフビジョン設置(大型映像装置)
平成2年
・ 美浦トレセン研修 ・ 馬主懇親会を開催 ・ ダートコース路盤改修
平成3年
・ 栗東トレセン研修
平成4年
・ 根岸・馬の博物館研修 ・ 馬番連勝発売に伴う新オッズ表示装置設置 ・ レストスペース公園拡張設備工事竣工
平成5年
・ 新ターフビジョン竣工 ・ 阪神競馬場研修
平成6年
・ 函館競馬研修
平成 7年
・ 新潟競馬場30周年記念式典 ・ 記念樹として「月桂樹」を植栽
平成8年
・ 日高軽種馬育成調教センター研修
平成9年
・ ソウル競馬場研修 ・ 1,000m直線コース新設に伴う外周道路新設工事を発注 ・ 「競馬ファンの集い」を初開催
平成10年
・ 1,000m直線コースの部分工事を先行着手 ・ 京都競馬場研修
平成11年
・ 美浦トレセン研修 ・ 新潟ジャンプステークス(GⅢ)新設で協会会長賞寄贈 ・ 全面馬場改修工事とスタンド増設工事に着手
平成12年
・ 新潟競馬開催は中止(福島と中山で代替競馬) ・ 協会創立35周年記念植樹(ねむの木) ・ シンガポール競馬場研修
平成13年
・ 小倉競馬場と宮崎育成牧場を研修 ・ 会員(齊藤四方司氏)所有馬ジャングルポケット号、日本ダービー制覇 ・ 新潟競馬場リニューアルオープン(7月) ・ 馬像(2頭)を入場門前テラスプラザに寄贈 ・ 日本初の直線1,000m芝コースのアイビスサマーダッシュ(GⅢ)新設
平成14年
・ 中京競馬場研修 ・ ジョッキー人形3体を場に寄贈 ・ 2回新潟競馬から馬単と三連複の新種馬券を全国発売。3回新潟で馬単43万2,080円の最高配当 ・ 新潟競馬初のGⅠ「第36回スプリンターズS」が行われ(9月29日)大フィーバー。武豊騎手がビリーヴ号で制覇
平成15年
・ 2回新潟競馬が大型台風の影響で開催1日中止 ・ 3回新潟競馬で1日24本の万馬券ラッシュ ・ 札幌競馬場研修
平成16年
・ 1回新潟競馬でJRA市場最高の高額配当、新潟名物直線1,000m邁進特別での3連複155万5,450円 ・ 夏の新潟競馬で「JOAチャリティーオークション」を開催新潟県梅雨前線豪雨被害義援金として新潟県へ手渡す ・ 新潟県の災害、7.13水害と中越地震にJOAから3,000万円の義援金
平成17年
・ 六代会長 臼倉勲就任 ・ 香港・シャティン競馬場研修 ・ 40周年記念祝賀会、記念植樹はパドック脇に「フジの木」3本
平成18年
・ 新潟大賞典のプレゼンテーターに初めて新潟県知事が来場 ・ 金沢競馬場研修旅行 ・ 新潟県知事より中越地震への義援金の感謝状がJOAに ・ サマーシリーズ初開催「アイビスサマーダッシュ」「新潟記念」が対象に
平成19年
・ 韓国済州島研修旅行 ・ 会員(飯塚知一氏)所有馬シャドウゲイト号シンガポール航空国際C(国際GⅠ)優勝 ・ サマージョッキーシリーズ初開催 ・ 中越沖地震に義援金200万円を贈呈
平成20年
・ 地元テレビ局のコラボレーション企画馬名公募プロジェクトで募集したスマイルジャック号(齊藤四方司氏所有)がスプリングステークス(JpnⅡ)優勝 ・ 馬インフルエンザ発生により第3回新潟競馬第3日、4日が中止に
平成21年
・ 東京競馬場研修旅行 ・ ロシア連邦農業大臣が新潟競馬場視察に来場
平成22年
・ 函館研修旅行 ・ 馬主席に一般公募のファン20組40名を招待
平成23年
・ 七代目会長に飯塚知一就任 ・ 新潟競馬場事務所スタンド内に移転
このページの先頭へ