馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は10/14です。
ライオンレースホース

アルナシーム 10月8日(土)

阪神9R 瀬戸内海特別 芝1600

休み明けの一戦となるが、中間にウッド6ハロン追いを2本敢行し、最終追いも坂路で4ハロン51・7-37・6-12・3秒と上々タイムをマーク。最後まで脚勢乱れぬ動きを見せ、態勢はきっちり整った印象。2歳時には折り合いに苦労して実力を発揮できないレースもあったが、前回は先団直後で我慢が利いて着差以上の完勝劇。その折り合いが楽になるであろうマイル戦で連勝を期待。

ライオンレースホース

カイザーブリッツ 10月9日(日)

東京1R 2歳未勝利 ダ1400

帰厩後も順調に乗り込まれ、1週前にウッド5ハロン67・5-37・3-12・1秒を馬なり計時。今週も坂路で4ハロン53・8-39・3-12・4秒とラスト好伸。実戦を1度使われ順当に体調は上向きムード。その初戦は追ってからの速さが不足している印象だったことから、今回はダートに活路を求めてきた。繋ぎが立ち気味で位置を取れるスピードも持っておりダートで初V奪取。

スリーエイチレーシング

ピンクマクフィー 10月9日(日)

阪神9R 3歳上1勝クラス 芝1400

中1週となるが坂路4ハロン52・2-37・9-12・1秒と好時計をマーク。元気いっぱいの姿を誇示して状態は安定している。前走は下見所から落ち着き十分で課題のゲートをクリア。2番手でじっくり脚をタメて運び、直線に向いて一旦は後続を離す勝ちパターンの好レース。ただ、勝ち馬はフローラSで1番人気に推されたほどの存在。相手が悪かっただけで今度こそは2勝目をゲット。

スリーエイチレーシング

ビヨンドザファザー 10月9日(日)

東京10R 神無月S ダ1600

今回もウッド6ハロンからビッシリ追えて、81・1-65・0-50・8-36・7-11・8秒と前走時を上回る時計を計時。好状態をガッチリと保っている。テンに行けない脚質から着順が安定してないが、当舞台のユニコーンSで0秒2差と高いポテンシャルを披露。その通りの脚力を見せた前走内容から着実に充実期へと歩を進めている印象。実力を発揮しやすい舞台なら連勝も十分。

猪熊広次

アイリスバローズ 10月10日(月)

阪神4R 2歳新馬 芝1400

先月22日にウッド6ハロン83・7-68・3-37・0-11・2秒。先週には83・7-68・5-37・3-11・5秒を馬なりでマーク。全体時計はそれほど目立つものではないが、6ハロンから行ってラスト11秒台前半は凡馬には出せない数字。最終追いでも坂路4ハロン54・2-38・9-12・6秒と軽快な脚さばきで登坂して絶好の仕上がり状態。初戦から好勝負が望める。

原禮子

レインメーカー 10月10日(月)

東京5R 2歳新馬 芝1600

先月中旬から坂路で順調に乗り込まれ、1週前にウッド6ハロン84・2-67・7-52・7-38・0-11・6秒とラスト好伸。今週も古馬相手の3頭併せで遅れはしたが、相手は重賞出走馬であることを考えれば十分な内容で69・0-53・5-38・0-11・6秒と先週同様に上々の伸び。ムダ肉なく仕上がった馬体、バネあるフットワークも好印象で首位争いの期待が懸けられる。

阿部雅英

ヒシゲッコウ 10月10日(月)

東京10R 六社S 芝2400

長期休養明け好走から中3週となるが、1週前にウッド5ハロン67・0-52・1-37・6-12・1秒。今週はセーブ気味だったが69・4-53・0-38・1-11・9秒をマークして反動は感じられない雰囲気。着実良化と見てよさそう。前走は超久々にもかかわらず上がり最速を記録して、菊花賞で穴人気を集めた実力を改めてアピールした。叩き2戦目で更なる前進が期待できる。

このページの先頭へ