馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27
<会員様へのお知らせ>
「令和2年度の東京競馬観戦会及び会員家族懇親会」は中止になりました。 詳しくは行事申し込みフォームでご確認ください。
2019/3/27
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は2/4です。
GⅠレーシング

バハルダール 1月29日(土)

小倉1R 3歳未勝利 ダ1700

前回からひと息入ったが、1週前にウッド6ハロン83・8-69・1-38・1-11・2秒。今週も81・7-66・9-37・1-11・3秒と力強い伸び脚を披露。熱気ムンムンの調整内容で態勢はきっちり出来上がっている。前走は3~4角で後退しながら直線に向いてようやくエンジン点火。目の覚めるような反撃を見せて2着と十分な脚力を見せている。今度こそは初V奪取。

阿部雅英

ヒシハイドラ 1月29日(土)

小倉2R 3歳未勝利 芝2000

今週は坂路4ハロン53・8-39・4-13・2秒としまいセーブしたが、1週前に54・2-39・1-12・5秒と負荷をかけた好調教を消化。実戦をひと叩きされた分の良化が見込める。その初戦は好位でスムーズに運べていたが、早めに外からプレッシャーをかけられて動かされる展開。それでも最後まで食い下がる姿勢を見せていた点が好印象。軽いタイプで平坦も合いそうだ。

林千枝子

スーサンアッシャー 1月29日(土)

中京5R 3歳未勝利 芝2000

ウッド6ハロンから83・2-68・2-53・4-37・6-11・5秒とシャープに伸びて前回同様の好アクション。力を発揮できる状態をキープしている。初戦は1角でゴチャつき気味で隊列が決まるまでに時間を要したが、上手に好位内をキープ。直線でも狭い最内から強引気味に脚を伸ばしたように競走センスの高さを示す2着だった。難敵が揃ったここでも首位争いが演じられる。

社台レースホース

ジルバーン 1月30日(日)

中京2R 3歳未勝利 ダ1800

中間は坂路で乗り込まれ、最終追いではウッド6ハロン84・7-68・8-53・6-38・5-12・4秒をマーク。体をしっかり使った小気味いいフットワークで体調良好と映る。初ダートの前走も後方からの競馬となったが、キックバックを気にする仕草もなく3角から上昇を開始。ロスないコーナーワークで一気に先団へと迫り、最後までしぶとく伸びて2着。同舞台で初Vチャンス。

ライオンレースホース

ロンコーネ 1月30日(日)

東京4R 4歳上1勝クラス ダ1600

2週連続でウッド6ハロン追いを行い、今週は82・4-66・6-51・9-37・3-11・7秒と水準以上の時計をマーク。高いレベルで体調は安定している。ここまでの8戦で連対を外したのはわずかに1度のみ。首位争いを演じた相手の顔ぶれを見ても現クラス上位の力量があることは明らか。メンバー的にも最近の中では最も恵まれた印象が強く、待ち焦がれた2勝目のV機が訪れた。

社台レースホース

ウィズグレイス 1月30日(日)

東京9R セントポーリア賞 芝1800

やや間隔は空いたが入念に併せ馬を行い、最終追いではウッド5ハロン66・4-51・7ー37・2-11・7秒を計時。鞍上が手綱をグッと絞るほどの行きっぷりで体調のよさが十分に感じ取れる。前走はペースを落とさない強気の逃げの手を打って6馬身差のレコード勝ち。そのスピード持続力には正直、驚かされた。同じ形に持ち込めそうな少頭数戦で開幕馬場なら連勝の期待が懸けられる。

原禮子

オメガレインボー 1月30日(日)

東京11R 根岸S ダ1400

今週は先行2頭に追いつかないままのゴールとなったが、1週前にウッド6ハロン83・0-66・7-51・0-36・0-11・1秒と抜群の伸びを見せて3頭併せ最先着。目標の一戦に向けて順調な調整ができている。前走では初の1200戦に戸惑わない追走ができ、かつ鈍化ない末脚を繰り出す中身濃い3着。速いペースを経験させたことが吉と出そうなメンバー構成で重賞初制覇の絶好機。

このページの先頭へ