重賞レースイメージ 第55回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GⅡ) 第72回チャレンジカップ(GⅢ)
馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27
<会員様へのお知らせ>
「令和2年度の東京競馬観戦会及び会員家族懇親会」は中止になりました。 詳しくは行事申し込みフォームでご確認ください。
2019/3/27
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は12/10です。
社台レースホース

ニューダイアリーズ 12月4日(土)

阪神1R 2歳未勝利 ダ1800

中2週となるが坂路で4ハロン54・4-39・8-25・8-12・8秒と順調な調整ぶり。使った反動よりは良化を期待できる。その初戦は勝ち馬の次元が違い過ぎたために大きく離されたが、向正面から上昇を開始して、しっかりと勝ちに行く競馬ができた点は褒められる。実際に後続には10馬身差をつけており悲観する内容ではなかった。普通の顔ぶれの今回は初Vの絶好機だ。

サトミホースカンパニー

サトノアイ 12月4日(土)

中京11R 飛騨S 芝1400

1週前にソダシと併せて坂路4ハロン52・1-37・8-12・1秒。さすがに遅れを取ったがキビキビ感あるフットワークで目下の充実ぶりを物語る動きだった。今週も53・8-38・6-12・2秒と好伸フィニッシュを決めて体調は高いレベルで安定している。昇級初戦の前走は不利とされる東京1400の大外枠で好走パターンとは違い位置からの4着。今回は前進が期待できる。

社台レースホース

ソーヴァリアント 12月4日(土)

阪神11R チャレンジC 芝2000

今週は輸送を考慮してウッド4ハロン52・3-37・5-11・9秒とセーブしたが、1週前にはルメールが手綱を取って6ハロン80・1-65・8-36・4-11・5秒の好時計。馬体の張りもひと際目立ち着実に充実期に歩を進めている印象だ。ディープインパクト記念はスロー展開に負け、セントライト記念では結果的に動きが早かっただけ。重賞制覇を遂げられる能力がある。

石川達絵

ビッグリボン 12月4日(土)

中京12R 栄特別 芝2000

夏場に一頓挫あっての再調整となったが、先週にウッド6ハロン83・2-67・3-52・6-38・3-11・7秒と負荷をかけ、今週も65・6-52・0-37・5-12・1秒と上々時計。実力発揮の態勢が出来上っている。初めての速い馬場だった忘れな草賞でもしっかり対応して1分58秒台の走破を記録。その勝ち馬はエリザベス女王杯で2着。このクラスでは力が違う。

大野剛嗣

ハナキリ 12月5日(日)

中京1R 2歳未勝利 ダ1800

稽古ではそれほど動かないタイプとしてはウッド6ハロン81・2-66・6-52・7-39・5-13・1秒と悪くない時計。しっかりと攻めの調教ができている点に好感を抱ける。前走では課題のスタートをクリアして2番手から積極的な競馬。勝ち馬が強過ぎたが、未勝利レベルでは及第の1分54秒台とようやく結果を出すことができた。相手にも恵まれた感が強い今回は初V有力。

猪熊広次

ウィリアムバローズ 12月5日(日)

中山8R 3歳上2勝クラス ダ1800

中間も坂路で順調に乗り込まれ、1週前に4ハロン53・2-38・7-12・3秒。今週も53・0-38・2-12・3秒とラスト好伸。いい意味で体調面に変化はない。ダートに鞍替えをして2連勝。しかも、前走では4角手前からピッチを上げ、直線に向くとアッと言う間に独走態勢に。馬なりのまま同開催の3勝クラス戦に0秒2差に迫る好時計を記録した。ここにも壁は存在しない。

GⅠレーシンング

ヴァリアメンテ 12月5日(日)

阪神10R 逆瀬川S 芝1800

しっかりと間隔を取り、1週前にウッド6ハロン81・4-65・6-51・0-37・6-12・4秒。今週は坂路で4ハロン54・2-39・4-12・5秒と十分な乗り込みを消化。好状態をきっちりと保っている。夏場をしっかりとリフレッシュ期間に充て、秋緒戦の茨城新聞杯を上がり最速で完勝。外々を回された若葉S以外はすべて上がり1位を記録しており昇級でも即突破が可能。

このページの先頭へ