馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27new
<会員様へのお知らせ>
「令和2年度の東京競馬観戦会及び会員家族懇親会」は中止になりました。 詳しくは行事申し込みフォームでご確認ください。
2019/3/27
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は7/17日です。
田畑利彦

エクセレントラン 7月11日(土)

福島4R 3歳未勝利 芝2600

坂路で4ハロン55・6-40・6-26・3-13・0秒と微調整だったが、中1週のローテーションだけにこれで十分。前回同様の好気配をキープできている。テンには行けない脚質ながら最後は確実に伸びてくる末脚が武器。上がり3ハロン38秒5と耐久性を求められる展開となった前走でもしっかりと伸びた渋さは今回の舞台にピッタリ。今度こそ初勝利を奪取する。

GⅠレーシング

カトルショセット 7月11日(土)

函館5R 2歳新馬 芝1200

先月中旬から本格的な追い切りを消化しており、美浦ウッド5ハロンから67・0-38・1-12・1秒で先行先着。1日には坂路で4ハロン52・4-38・5-12・8秒を馬なりで計時しての当地入り。今週も芝コースで4ハロン53・9-39・1-11・6秒と軽快なフットワークを披露。変則的な4頭併せで最先着と初戦から首位争いが望める態勢が整っている。

社台レースホース

セントレオナード 7月11日(土)

函館11R 五稜郭S 芝2000

今週はウッド4ハロン56・2-40・9-13・5秒と控えたが、函館入りしてからすでに2本の時計をマークして順調な調整ぶり。実力をしっかり発揮できる状態にある。ここまでの全8戦で7走が3着以内とまだまだ出世が期待できる存在。唯一の馬券圏外となった熊野特別も上がり3ハロン11秒6→11秒0→11秒6の展開に負けただけ。順当VでOP入りを決める。

佐野信幸

サノカポ 7月12日(日)

函館1R 2歳未勝利 ダ1000

初戦から中1週となるがウッド5ハロン70・8-54・7-39・9-13・0秒としっかり時計を出せて気配良好。前走状態をきっちり保てている。その初戦は痛恨のスタートミスで後方に大きく置かれる形。しかも、速い時計が出る馬場状態でレコード決着では出番が回ってこなかったのも当然。それでも上がり最速タイを記録した伸び脚は光っており発馬互角ならV好機。

サトミホースカンパニー

サトノフォーチュン 7月12日(日)

福島5R 2歳新馬 芝2000

まだビッシリとは追われてないが、丹念な併せ馬を着実に消化。先月末にウッド5ハロン67・7-37・5-12・6秒を計時すると、先週に66・6-38・1-12・6秒。今週は67・2-37・6-11・8秒と馬なりのままラスト鋭伸。秘める能力の確かさを示す動きを見せている。馬体もすっきり重め感ない作りで仕上がり万全。馬場状態が微妙だが能力で初戦突破。

サトミホースカンパニー

サトノゴールド 7月12日(日)

函館10R 横津岳特別 芝2600

目立つ稽古時計は出てないが、函館入りしてから順調に併せ馬を消化。5日にウッド5ハロン70・8-54・6-39・4-13・1秒と実質的な追い切りを済ませているため、今週は3ハロン45・1-13・8秒と控えたが心配なかろう。きさらぎ賞は速い上がりの競馬に対応し切れなかったが0秒5差と能力は証明の走り。適性ある舞台の2勝クラスなら地力の違いでV奪取。

吉田千津

ダンシングプリンス 7月12日(日)

福島12R 彦星賞 ダ1150

衝撃的だった再入初戦時ほどの猛デモはないが、先週坂路で4ハロン52・0-38・2-12・6秒。今週も52・6-38・3-12・5秒と水準以上の時計をマークしており仕上がり状態に不安はない。その前走は後続をまったく寄せつけないワンサイド劇。しかも、同日の3勝クラス戦を上回る走破時計を記録して見せた。つまり、このクラスに昇級の壁は存在せず連勝濃厚。

このページの先頭へ