馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27
<会員様へのお知らせ>
「令和2年度の東京競馬観戦会及び会員家族懇親会」は中止になりました。 詳しくは行事申し込みフォームでご確認ください。
2019/3/27
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は8/6です。
GⅠレーシング

カラフルキューブ 7月31日(土)

新潟1R 2歳未勝利 ダ1200

坂路でしっかり追われて4ハロン52・9-39・0-25・5-12・4秒と2歳馬としては上々の時計をマーク。実戦を使われた効果は十分にありそうだ。その初戦はひと息だったスタートを二の脚の速さですぐさまカバー。ところがペースが緩めで道中はスピードを持て余す感じに。そして、4角では待たされ気味とチグハグな内容になってしまった。スムーズな競馬で白星奪取。

平田修

オクシデンタル 7月31日(土)

函館5R 2歳新馬 芝1200

今週は芝コースで5ハロン70・8-54・6-40・4-12・1秒とセーブ気味の内容だったが、美浦で十二分に乗り込んでからの当地入り。7日の坂路4ハロン53・5-12・5秒を皮切りに、1週前には併せ馬でウッド5ハロン68・2-53・4-39・4-12・9秒と仕上がり合格の豊富な攻め量を順調に消化できている。初戦Vを期待できる仕上がり態勢が整っている。

三田昌宏

トワイライトタイム 7月31日(土)

新潟8R 新潟ジャンプS 芝3250

充電期間を設けてリフレッシュ。1週前に障害コースで8ハロンから104・1-63・3-35・4-11・5秒と意欲的な調整を行い、今週も坂路で4ハロン52・5-38・5-12・6秒としっかり仕上げてきた印象が強い。前回は初めて後方からの競馬を強いられたが、2周目は勝負に出て上昇できて悲観すべき敗戦内容ではなかった。その経験を生かして首位争いに加われる。

GⅠレーシング

インヴァリアンス 7月31日(土)

函館12R 3歳上1勝クラス ダ1700

ウッドで5ハロン70・7-55・3-41・4-13・1秒と軽めの調整だが、中1週だけにこれで十分。張り良好な馬体を保って前回同様の好気配だ。その前走は勝ち馬に離されてしまったが、先行勢に有利な流れの中、3角から上昇を開始して激しい3着争いを制したのは立派。休み明け、昇級初戦で早くも1勝クラス卒業にメドを立てる内容で、上積み見込める今回は勝機も十分。

阿部雅英

ヒシハルク 8月1日(日)

函館3R 3歳未勝利 芝2000

初戦は思わぬ大敗に終わったが、今週もウッド5ハロン67・2-52・6-38・8-13・1秒とそのダメージは感じられない動きを披露。体調面に関しては問題なさそうだ。初戦はスタートから機敏な好フットワークを見せていたが、向正面で外から他馬が前へと動いて行く毎にモタれる感じで後退。中盤以降はまったく本来の走りができなかった。B着用策での大変身があり得る。

社台レースホース

マジックキャッスル 8月1日(日)

函館11R クイーンS 芝1800

美浦で十分な乗り込みを消化し、1週前には坂路で4ハロン51・3-36・8-12・0秒と申し分ない動き。輸送を挟んだ今週もウッドの併せ馬で5ハロン68・7-53・1-39・4-12・5秒と調整過程は万全だ。牝馬3冠で2度の掲示板の実績を残し、今年は重賞制覇も果たして確実な成長曲線を描いている。狭いところからでも脚を使えることから函館コースも問題ない。

サトミホースカンパニー

サトノクロニクル 8月1日(日)

新潟11R 関越S 芝1800

今月中旬から調整ピッチを上げ、15日に坂路4ハロン52・8-12・7秒。22日に53・1-11・7秒を計時し、最終追いでも53・5-39・1-12・3秒と馬なりで上々の伸び脚を繰り出した。間隔が空いた不安を感じさせない状態にある。今季は極悪馬場の福島民報杯で3着、展開不向きだったメイSでも上がり最速マークと悪くない戦いぶり。台頭のチャンスは十分にある。

このページの先頭へ