馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2018/11/30new
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30new
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は3/1日 です。
吉田千津

ハイパワードトップ 2月23日(土)

阪神2R 3歳未勝利 ダ1800

今週はモヤのためラスト1ハロンしか計測できなかったが、1週前にウッド6ハロンから83・1-68・7-53・8-39・2-12・4秒と態勢が整った印象の追い切りを披露。休み明けの不安は感じさせない。スタートに課題を残すが、2戦ともに上がり最速マークと確かな脚力。前回も後続を7馬身も離しており初V好機。

サトミホースカンパニー

サトノフォース 2月23日(土)

中山5R 3歳未勝利 芝1800

派手な中間調教を見せてはいないが、前走後も坂路、ウッドで丹念に乗り込まれて最終追いはウッド4ハロン55・9-41・0-12・9秒。力発揮の状態はキープできている。前走はスタートでアオッて1角でも外に振られ気味。4角では外に張る感じでかなり追い出しが遅れての0秒5差と力負けではない内容。改めてV期待。

社台レースホース

エレクトロニカ 2月23日(土)

小倉8R 4歳上500万下 芝1800

最終追いは坂路4ハロン54・9-12・4秒としまい重点だったが、1週前にウッド6ハロン83・0-38・8-11・8秒。その前には坂路で52・4-12・7秒と質量十分な乗り込みを消化。実力発揮の態勢が出来上がっている。極端な速い上がりを求められない小倉コースは適した舞台でもあり、現級上位の実力を信頼。

社台レースホース

シルヴァーソニック 2月24日(日)

小倉4R 3歳未勝利 芝1800

1週前にウッド6ハロン82・4-67・2-52・4-38・3-11・8秒。今週も4ハロンから52・3-38・9-11・8秒とラスト好伸。実戦をひと叩きされた効果は十分に感じられる。その初戦はスタートひと息、ラスト2ハロンが11秒9→11秒6と前残り展開の中、しっかり脚を伸ばして2着確保。前進が期待できる。

三田昌宏

トワイライトタイム 2月24日(日)

阪神9R 伊丹S ダ1800

遠征帰りで中1週のため坂路4ハロン57・0-40・9-26・7-13・5秒とセーブした調教内容だったが、馬体減りもなく好気配をガッチリとキープできている。その前走は抑えるのに苦労するほどの行きっぷりを見せ、直線で外に出すと抜群の伸び脚を繰り出して快勝。ダート7戦すべて3着以内の実力は昇級戦でも即通用する。

石川達絵

レイダー 2月24日(日)

中山10R ブラッドストーンS ダ1200

1週前にビッシリ追った効果十分で、今週はウッド4ハロンから53・0-37・8-12・2秒と好フィニッシュ。いつにも増して推進力を感じさせる流れるフォームで鋭伸し、前走以上の体調と映る。現級でやや足踏み状態のレースが続いているが、今回はよりスピードを生かしやすい中山1200戦。オープン入りを決める絶好機だ。

GⅠレーシング

ジオラマ 2月24日(日)

中山12R 4歳上1000万下 ダ1200

中2週続きの中でも坂路4ハロン53・2-39・1-25・5-12・6秒と調子落ちをまったく感じさせない動きを披露。いい意味で状態は安定している。先行すると伸び切れず、差しに回ると届かないもどかしい競馬が続いているが、前回も直線で進路を確保できずに追い切れていない感じのゴールシーン。崩れない舞台で前進必至。

このページの先頭へ