馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2018/3/22new
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9new
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

おしゃれダービー選手権開催!

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は10/19 に公開します。
株式会社 Shadow

ファムファタル 10月13日(土)

東京2R 2歳未勝利 ダ1400

前走後も順調に乗り込まれ、今週はウッド4ハロンから53・2-39・1-12・9秒で3頭併せ同入。テンポいい走りを見せて好状態をキープしている。その前走は距離を延ばしたことにより楽に先行でき、直線でも機敏なフットワークを見せ今まで一番のレース内容。その走法から砂替わりも問題なく再度の首位争い必至。

村木篤

ストロングレヴィル 10月13日(土)

新潟9R 3歳上500万下 芝1800

ウッド4ハロンから55・8-40・7-12・9秒とセーブ気味も追走内で余裕の併入。脚色優勢のフィニッシュを決めてひと叩き効果が見込める動きを見せている。前回は休み明けの影響か3~4角の反応がひと息で、坂を上がってから伸びを欠いてしまったが0秒2差。距離短縮で芝状態もいい開幕馬場なら実力を発揮する。

株式会社グリーンファーム

レインボーフラッグ 10月13日(土)

東京10R 白秋S 芝1400

今年もコンスタントに使われて9戦を消化しているが、体調に変動もなく常に上位争いに顔を出す堅実ぶり。1週前に坂路で4ハロン52・6-38・2-12・2秒。今週も54・0-38・6-12・2秒と今回も元気いっぱいの姿を見せている。1分20秒3の持ち時計がある相性いい東京舞台なら久々Vの期待は十分。

株式会社 Shadow

アペタイザー 10月14日(日)

東京2R 2歳未勝利 ダ1600

坂路でしまい重点に追われて4ハロン54・5-40・0-25・4-12・3秒と好伸フィニッシュ。初戦時よりも確実に軽さが増してきた印象だ。そのデビュー戦は外枠からでもスッと2番手につけられるセンスのよさを披露。最後は芝でスピード負けの形となっただけにダート替わりもプラスに作用しそう。距離短縮も歓迎だ。

サトミホースカンパニー 里見 治

サトノウィザード  10月14日(日)

京都5R 2歳新馬 芝2000

1週間にウッド6ハロンから意欲的に追われて82・2-66・3-51・6-37・4-12・5秒で併走先着。ゴール前で僚馬を一気に突き放す素晴らしい伸び脚を見せた。今週も坂路で4ハロン53・2-38・9-25・1-12・4秒と高い仕上がり度をアピールする絶好の動き。初戦勝ちを十分に狙える調教内容だ。

有限会社社台レースホース

エレクトロニカ 10月14日(日)

新潟10R 粟島特別 芝1800

先週の坂路4ハロン51・8-38・1-13・0秒に続き、今週も51・6-37・7-12・5秒と申し分ない動き。前走時を上回る気配を漂わせている。成績が示す通り現級ならいつ勝ってもおかしくない力量の持ち主で、全9連対を牝馬限定戦でマークしているようにここは十八番の稼ぎ場所。芝状態がいい馬場も好材料。

株式会社G1レーシング 吉田 正志

ダンサール 10月14日(日)

京都11R 秋華賞 芝2000

今週は坂路4ハロン52・7-38・8-13・0秒としまいセーブしたが、1週前に52・1-38・0-12・6秒の自己ベストをマーク。反応鋭くスッと先着した動きが好印象だった。まだキャリアが浅く一気の相手強化となるが、4角先頭から更に後続を突き放した前走の圧勝劇は衝撃的。ここでも劣らない資質を秘めている。

このページの先頭へ