馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27new
<会員様へのお知らせ>
「令和2年度の東京競馬観戦会及び会員家族懇親会」は中止になりました。 詳しくは行事申し込みフォームでご確認ください。
2019/3/27
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は4/10日です。
ライオンレースホース

トリッチトラッチ 4月4日(土)

中山1R 3歳未勝利 ダ1200

小柄な牝馬で中1週のため軽めの調整に終始したが、馬体減りもなく前走時の気配をキープ。能力発揮に支障ない状態だ。前走は馬群密集の展開だったが馬込みの中でも気後れすることなく追走できていたのが好印象。ただ、直線では外から寄られてなかなか進路を確保できず、かなり追い出しを待たされてのゴール前の鋭脚発揮。スムーズに運べるようなら初V奪取が可能。

社台レースホース

ビートザウイングス 4月4日(土)

中山2R 3歳未勝利 ダ1800

良化余地を残す状態でありながらデビューからの3戦すべてで掲示板を確保。現レベル上位の脚力を持っていることを証明している。そんな馬が去勢を経て、この中間は素晴らしい動きを披露。最終追いではウッド5ハロンから追走併入で64・4-49・8-36・9-12・4秒と上々の時計をマークしてみせた。休み明け初戦から今まで以上の走りを見せてくれそうだ。

サトミホースカンパニー

サトノシャローム 4月4日(土)

阪神9R アザレア賞 芝2400

この中間も坂路、ウッドで乗り込まれ、今週はウッド6ハロンから85・2-68・7-53・6-39・3-11・7秒を計時。セーブ気味の内容ではあったが抜群の手応えで優勢フィニッシュと体調良好を示す動きを見せた。ゆりかもめ賞は折り合いがつかずに3角先頭と自らでキツイ展開にしてしまったが、それでも0秒3差。地元で落ち着いた競馬ができれば首位争い。

社台レースホース

ダンスディライト 4月4日(土)

阪神10R 明石特別 芝2000

前走は直線で寄られる不利もあったが、思いのほか行きっぷりが悪かったのは休み明けの影響か。そのため1週前にウッド6ハロンから83・7-67・7-38・3-12・4秒とハードに追われ、最終追いも81・7-66・6-38・9-13・2秒と長めからしっかり時計をマーク。叩き2戦目での上積みを期待できる調整を消化している。今度は本領発揮の期待。

GⅠレーシング

アルディエンテ 4月5日(日)

中山5R 3歳未勝利 芝2200

3頭併せの真ん中で馬なり同入。ウッド5ハロンから68・6-53・5-39・1-12・9秒と数字的には目立たないが、中身濃い稽古内容で雰囲気いい気配を漂わせている。前走は馬群内でロスないレース運びができていたが、直線で進路取りに苦労してゴチャつくシーン。やや追い出しが遅れた分だけ、勝ち切れなかった印象。連続2着の適舞台で今度こそV奪取。

吉田千津

ダンシングプリンス 4月5日(日)

中山6R 4歳上1勝クラス ダ1200

船橋で3戦3勝の成績を残しての再入となるが、元々、デビューが遅れただけで経験馬相手の初戦ではレース上がりを1秒1も上回る末脚を見せていた素材。ここでも能力負けすることはないだろう。しかも、1週前の坂路では4ハロン50・1-36・3-23・7-12・0秒と破格の時計をマークして、今週も53・8-12・4秒と上々の動き。好戦が期待できる。

このページの先頭へ