馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27
<会員様へのお知らせ>
「令和2年度の東京競馬観戦会及び会員家族懇親会」は中止になりました。 詳しくは行事申し込みフォームでご確認ください。
2019/3/27
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は3/12日です。
里見美恵子

ミエノベルル 3月6日(土)

阪神2R 3歳未勝利 ダ1200

小倉遠征3度目となるためウッド4ハロン55・3-39・2-12・2秒と軽めの調整だったが、最後は軽快に伸びて動き良好。ここ一連の状態をキープできている。前走は3ハロン通過32秒4のハイペース。直線でやや狭くなるシーンもあったが上手な立ち回りで0秒2差は悲観すべき内容ではなかった。トモ肉しっかりの体形、母系からダートもこなせそうでV期待。

是枝浩平

ミカンサン 3月6日(土)

中山4R 3歳1勝クラス ダ1200

先週にポリトラック5ハロン64・8-36・4-12・8秒。今週は4ハロン52・6-37・8-13・2秒とセーブしたが太め感ない体つきできっちり仕上った印象。休養期間が長くなった悪影響は感じられない。ダ1000戦での勝ち上がりだったが、この条件らしくない差し脚を生かした勝ち方で多少の距離延長は問題なさそう。テンが速くなる舞台で持ち味を生かす。

原禮子

ドンナセレーノ 3月6日(土)

小倉6R 3歳未勝利 芝2000

ウッド6ハロンから83・3-66・9-51・5-37・6-12・5秒を計時。小柄な牝馬がこれだけしっかり追えていることは体調がいい証拠と受け取れる。前走はスタートひと息で1角までに位置を取るために余分に脚を使い、かつ早めのペースアップと厳しい展開に負けた印象で内容的には十分な脚力を示している。落ち着いたレース運びで自ずと結果はついてくる。

吉田千津

タイニーロマンス 3月6日(土)

阪神11R チューリップ賞 芝1600

間隔が詰まり気味での関西遠征となるが、坂路で4ハロン51・8-37・1-24・3-12・4秒と好時計をマーク。実戦を経験する毎に体力アップが成されている感じがする。気性面の若さを見せながらも春菜賞では追い出しを待って最後までしっかり脚を使う上々の戦いぶり。そのフットワークから速い馬場、広い馬場は歓迎で展開も味方しそう。上位争いが期待できる。

GⅠレーシング

インヴァリアンス 3月7日(日)

中山4R 3歳未勝利 ダ1800

レース間隔が短いため坂路4ハロン54・7-40・9-27・1-13・0秒とセーブ気味の調整だったが、キリッと引き締まった馬体を保って気配良好。走れる状態をキープしている。他馬を気にする気性を考慮して前走は前半じっくりの形を取ったが、3~4角の行きっぷりが予想以上に良過ぎて早めに先頭に立ってしまった分、差し込まれた印象。戦いやすい中山でV奪取。

社台レースホース

オヌール 3月7日(日)

阪神9R アルメリア賞 芝1800

1週前にポリトラック6ハロン76・8秒の好稽古を消化して、今週はしまい重点に5ハロンから67・5-52・5-37・8-11・4秒を計時。ギアチェンジが速く、回転鋭いバネあるフットワークで抜群の伸び脚を見せ、初戦時よりも体調はアップしている。この走りなら現在の馬場状態にマッチすること間違いなし。メンバー的にも一気に連勝を決める絶好チャンスだ。

サトミホースカンパニー

サトノフェイバー 3月7日(日)

阪神11R 大阪城S 芝1800

洛陽Sは注文通りの展開に持ち込んで、開幕馬場の恩恵を最大限に生かしてVゲット。今回も直線でしっかり追われてウッド6ハロン81・1-65・0-50・1-36・4-11・7秒と元気いっぱいの姿を見せている。基本的に同じ競馬を続けて行うことは困難だが、メンバー的には再度のマイペース先行が叶いそう。ならば、1ハロンの延長でも十分に首位争いができる。

このページの先頭へ