馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27new
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30new
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30new
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は4/26日 です。
田畑利彦

ナイスプリンセス 4月20日(土)

東京1R 3歳未勝利 ダ1400

中2週となるが坂路で4ハロン54・3-39・5-25・9-13・1秒を計時。2戦消化によるダメージを感じさせない動きを披露し、力発揮の状態を保てている。まだ気性的にアテにできない面を残すが、前回はスタートもよく流れに乗りながらの末脚発揮で内容は確実に良化していた。持ち味を生かしやすい東京で初Vの絶好機。

サトミホースカンパニー

サトノエルドール 4月20日(土)

東京6R 3歳未勝利 芝1800

今回は間隔を空けてリフレッシュ。今週はポリトラックで4ハロン55・2-39・5-12・2秒と控え気味も、1週前にはウッド6ハロン81・3-65・5-38・2-13・1秒と効果十分の動きを見せて態勢は十分。相手に恵まれず2、3着続きだが、その内容は勝ち馬に劣らないもの。ワンターンの東京で今度こそV奪取。

原禮子

ジャストアジゴロ 4月20日(土)

京都9R あずさ賞 芝1800

坂路で順調に乗り込みを消化し、最終追いは4ハロン54・3-39・4-25・6-12・8秒。しっかり追えて前走時の状態をキープできている。3~4角で動かざるを得ない展開となったホープフルSでは大敗を喫したが、ジッと脚をタメられる展開なら確実に末脚を発揮できるタイプ。少頭数の外回り戦なら条件はピッタリだ。

サトミホースカンパニー

サトノギャロス 4月21日(日)

京都1R 3歳未勝利 ダ1200

ひと追い毎に動きが良化し、今週は坂路4ハロン51・0-37・3-24・4-12・1秒と未勝利馬とは思えない好時計をマーク。改めて非凡な能力を示した。初戦は追走に苦労しながら、直線では素晴らしいフットワークで上がり36秒1を計時。その勝ち馬が連勝を飾っており同馬も現レベルでは完全上位の力量馬。V濃厚だ。

社台レースホース

エレクトロニカ 4月21日(日)

福島10R 桑折特別 芝2000

発馬が安定せず相変わらず惜しい競馬が続いているが、1週前に坂路で4ハロン52・7秒を計時し、今週は馬なりで54・9-39・6-25・4-12・6秒。調整は順調で体調面に変化は見られない。福島開催も3週目となり上がり要す良馬場と久々の絶好条件となりそう。近走では最も恵まれたメンバー構成でもあり絶好V機。

GⅠレーシング

エルリストン 4月21日(日)

京都10R 桃山S ダ1900

先週にウッド6ハロン追いを敢行し、今週は5ハロンから68・3-52・8-38・5-11・8秒と手応え十分にラスト好伸。抜群の気配を漂わせ体調のよさが目につく。その前走はうまく砂を被らない形になったとはいえ、3角過ぎから先頭に立って最後まで脚色衰えることなく5馬身差と圧巻の走り。昇級戦でも首位争いが可能だ。

Shadow

シャドウディーヴァ 4月21日(日)

東京11R フローラS 芝2000

先週に続いてウッド4ハロンから追走先着。52・5-37・3-12・4秒と好反応でシャープな伸び脚を繰り出した。前走時よりも中身濃い調教を消化し体調は確実に上向いている。そのフラワーCは先行勢が上位を占める中、唯一、後方から脚を伸ばして掲示板を確保。より実力を発揮できる東京舞台なら主役に躍り出ても不思議ない。

このページの先頭へ