馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27new
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30new
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30new
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は10/25日です。
社台レースホース

アジャストザルート 10月19日(土)

京都3R 2歳未勝利 芝1800

中2週続きで秋3戦目となるため坂路4ハロン56・2-41・0-26・9-13・2秒と軽めの調整だったが、相変わらずの毛ヅヤのよさで肉付きしっかりの馬体をキープできており気配良好。いい意味で状態面に変化はない。前走は勝ち馬との叩き合いに屈したが、直線で寄られ気味になりながらも闘志を失うことなくしっか走り切れて2着確保。道悪OKで今度こそV奪取。

石川達絵

ハイヒール 10月19日(土)

京都10R トルマリンS 芝1800

やや間隔は開いたが2週前にウッド6ハロン82・4-38・7-11・9秒。今週もしっかり6ハロンから84・1-67・8-39・1-12・0秒と質量十分の乗り込みを消化。実力発揮の態勢は整っている。前回は格上挑戦で前残り展開となったがジワジワ差を詰めて0秒1差の3着と健闘。自己条件で速い上がりを要求されない歓迎材料の雨予報も出ており首位狙える。

吉田和子

モンペルデュ 10月19日(土)

京都11R 室町S ダ1200

この中間も坂路で順調に乗り込まれ、最終追いでは4ハロン53・3-38・8-24・9-12・5秒を馬なりでマーク。いつも通りの軽快なフットワークで駆け上がり好調キープを印象付けた。前回は初の1000戦だったが無理なくハナを奪って1馬身半差の完勝劇。スプリント戦での能力の高さを改めて示した。よりスピードが生きる速い馬場で51キロなら昇級でも好戦必至。

原禮子

オメガドラゴン 10月20日(日)

東京1R 2歳未勝利 ダ1600

中1週でもウッド5ハロン67・0-52・1-38・5-12・2秒を余力たっぷりに計時。ひと叩き効果が十分に期待できる動きを見せた。初戦はテンから行きっぷりが悪く道中はモタモタしていたが、直線に入るとしっかり脚を伸ばして0秒2差。デビュー前の好稽古に偽りない走力を持っていることを証明した。慣れ見込める2度目で1ハロンの延長。絶好勝機が巡ってきた。

GⅠレーシング

スパイラルダイブ 10月20日(日)

東京10R 甲斐路S 芝1800

強い調教を必要としないタイプだが、10日に坂路で4ハロン52・6-38・5-12・6秒をマーク。今週もウッド3頭併せの最内で6ハロンから82・2-66・8-39・8-13・2秒と十分な調教を積んで出撃態勢は整った。前回はかなり掘れる不良馬場に脚を取られて伸びを欠いたが、それでも4着と崩れなかったのが地力の確かさ。前回よりはいい馬場が望め巻き返す。

飯塚知一

ハーレムシャドウ 10月21日(月)

東京3R 2歳未勝利 芝2000

開催中止のため出走が1週延びたが、ウッド5ハロンからしっかり追われて69・6-53・0-38・4-12・9秒と追い比べでしぶとい面を披露。悪影響をまったく感じさせない調整ぶりだ。初戦は中山1800の外枠だったがスッと好位確保の行き脚。各馬の動き出しが早めの展開の中でも正攻法で上手なレース運びができた点が好印象。叩き2戦目で順当に勝ち上がれる。

サトミホースカンパニー

サトノギャロス 10月21日(月)

東京10R テレビ静岡賞 ダ1400

坂路、ウッド併用で順調に乗り込まれ、今週は坂路4ハロン51・9-37・7-24・9-12・7秒と水準以上の時計をマーク。1週延期で更に動きがよくなった感さえする抜群の動きを見せている。レパードSは積極策の手に出たが、結果は厳しい展開を演じることになってしまい裏目と出た格好。それを考えれば5着粘走は負けて強しのひと言。実績ある距離で本領を発揮する。

このページの先頭へ