馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27
<会員様へのお知らせ>
「令和2年度の東京競馬観戦会及び会員家族懇親会」は中止になりました。 詳しくは行事申し込みフォームでご確認ください。
2019/3/27
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は4/23日です。
GⅠレーシング

フローレスクイーン 4月17日(土)

阪神5R 3歳未勝利 芝2200

ウッドで意欲的な調教を積まれ、最終追いでも6ハロン80・6-65・8-51・7-38・1-11・9秒と好時計をマーク。実力を発揮できる十分な態勢が整っている。初戦はスタート直後に挟まれて後方からの競馬を強いられたが、向正面から脚を使う形で2着。勝ち上がり能力馬であることを示した。この時が掘れる馬場だったことから道悪にも対応できそうだ。

田畑利彦

サンキューユウガ 4月17日(土)

阪神9R 千種川特別 芝1200

今週も坂路でしっかり追われて4ハロン51・1-37・5-24・7-12・3秒と稽古駆けタイプらしい時計をマーク。好状態をガッチリと保っている。前走は勝ち馬にスイスイと行かれてしまい、自身のエンジンの掛かりもちょっと遅かった印象で2着止まりに終わったが、改めて地力の高さを示した格好。馬場悪化も好材料とは言えないがこなせるタイプで首位有力。

飯塚知一

シャドウハンター 4月17日(土)

阪神10R 陽春S ダ1200

最終追いは坂路で4ハロン54・3-39・4-12・6秒とセーブ気味だったが、ウッドで十分な併せ馬を消化して1週前には5ハロン65・7-51・6-37・8-12・0秒で同格馬に先着。休み明けが気にならない仕上がり状態だ。ここまでダ1200戦に限れば7戦5連対の実績があり、重~不良では2、1,1着とすべて1分10秒台の走破。Vチャンスあり。

サトミホースカンパニー

サトノアポロン 4月18日(日)

新潟2R 3歳未勝利 ダ1200

レース間隔が詰まっているため坂路4ハロン55・5-40・4-26・0-12・8秒と時計自体は目立たないが、しっかりと前走時並みの稽古を消化。いい意味で体調面に変化は感じられない。その前走は行きっぷりがひと息で前半に脚を使った分、伸びを欠いた印象だが、前々走では不良馬場で1分11秒台の走破記録。現レベルなら明らかにスピード上位で順番到来。

吉田千津

ダンシングプリンス 4月18日(日)

中山10R 京葉S ダ1200

1週前に坂路4ハロン53・2-38・4-12・6秒を計時し、今週は51・4-36・8-12・5秒。この馬としてはもっと動ける気もするが、現在の時計要し気味の美浦坂路を考えれば十分な時計と言える。大和Sはまさかの6着に終わったが、ゴール前で蹄跡に驚いてジャンプしてしまったのが沈んだ原因。ハンデ→別定と条件も好転している地元戦なら本領を発揮。

GⅠレーシング

ヴィクティファルス 4月18日(日)

中山11R 皐月賞 芝2000

中3週のローテーションだが、1週前にウッド5ハロン66・1-51・9ー37・1-12・1秒としっかり追えているのが好印象で、坂路最終追いでも好アクションで4ハロン53・5-12・9秒。顕著な体調面の充実ぶり、上昇度が実に魅力的。4角で外に振られ気味になりながら差し切ったスプリングSの豪快な伸び脚がインパクト大。馬場渋化を味方に逆転戴冠の期待。

阿部雅英

ヒシゲッコウ 4月18日(日)

中山12R サンシャインS 芝2500

ウッド4ハロン54・5-39・6-12・9秒と軽めの調整メニューだったが、活気あふれる動きで気配絶好。休み明けを叩かれた上積みが十分に見込める。昨夏は腹回りがボテッと映っていたが、本来の張りを取り戻した前走は復調を感じさせる上々のレース内容。渋り気味の馬場にもしっかり対応できていたことから馬場状態にも不安なし。久々の本領発揮で勝ち星をゲット。

このページの先頭へ