馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27new
<会員様へのお知らせ>
「令和2年度の東京競馬観戦会及び会員家族懇親会」は中止になりました。 詳しくは行事申し込みフォームでご確認ください。
2019/3/27
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は6/5日です。
社台レースホース

アルクス 5月30日(土)

京都6R 4歳上1勝クラス 芝2200

坂路で4ハロン55・3-39・6-25・6-12・8秒とセーブ気味の調整だったが前走からは中2週。心房細動明けを叩かれた上積みは確実に見込めるはずだ。前走はペースが落ち着いた向正面で行きたがる面を見せたが、正攻法の運びで抜け出した内容は去勢効果を十分に感じさせるもの。相手関係にも恵まれた今回はデビュー戦で完勝劇を飾った実力を見せつける。

グリーンファーム

シングシングシング 5月30日(土)

東京7R 4歳上1勝クラス ダ1600

ウッド5ハロン70・1-54・3-40・3-12・4秒で併走馬に脚色で劣ったが、元来が稽古で動かないタイプ。坂路&ウッド併用で順調に乗り込まれて体調面に不安は感じさせない。前回はスロー逃げの展開に持ち込んで上がり3ハロン34秒9でまとめながら勝ち切れなかったが、相手悪しの一語に尽きるレースぶり。後続に6馬身差をつけており今度は順当V。

猪熊広次

デルタバローズ 5月30日(土)

東京9R 富嶽賞 ダ1400

最終追いはウッド5ハロン70・0-54・5-40・7-13・1秒とテンションを上げない内容に止めたが、坂路&ウッド併用で順調な乗り込みを消化しており調整過程に狂いはない。鈴鹿特別は高速馬場、3ハロン通過33秒9と厳しい展開になったが、真っ向勝負でゴール寸前まで粘った内容は勝ちに等しい走りだった。ダート3戦目で本領を発揮して白星ゲット。

サトミホースカンパニー

サトノアレックス 5月31日(日)

東京2R 3歳未勝利 ダ1600

先行外併入でウッド5ハロン70・4-55・2-41・4-12・1秒とセーブ気味だったが中1週を考えればこれで十分。直線ではシャープな伸び脚を見せて体調は良好だ。前回は鼻出血明けの一戦だったが、徐々に上昇してしっかりと勝ちに行く競馬を敢行。わずかに凌ぎ切れなかったが中身十分の2着と言える。3走すべて2着と脚賞抜群の舞台で初勝ちを決める。

GⅠレーシング

クレイス 5月31日(日)

京都3R 3歳未勝利 芝2400

1週前に坂路で4ハロン52・9秒をマークし、今週はウッド5ハロンからしっかり追われて67・0-52・2-38・2-11・9秒と上々の伸び脚を見せた。前々走からのブリンカー着用でレースぶりが一変。徐々に馬体が引き締まってきたこともあって稽古のよさを実戦に結びつけられるようになってきた。前走内容から距離も合っており待望の初Vの絶好機だ。

社台レースホース

セントレオナード 5月31日(日)

東京8R 青嵐賞 芝2400

やや間隔は空いたが十分な乗り込み量で太め感ない馬体作り。最終追いがウッド55・0-39・8-12・9秒と4ハロン追いだったことも、仕上がりに不安なしを証明している。レース下手で勝ち切れない競馬が多いが、熊野特別も5ハロン通過64秒2のスローで上がり3ハロン34秒2という展開に負けたという印象。過去7戦で上がり1位を5回記録の脚力でV奪取。

サトミホースカンパニー

サトノフラッグ 5月31日(日)

東京11R 日本ダービー 芝2400

皐月賞は外から勝ち馬に一気に来られて気勢を削がれてストライドが伸びなかったが、その敗戦を糧に今回は攻め内容を軽くして本番に余力を残す調整に変えてきた。それでもウッド5ハロン65・9-51・0-36・6-12・1秒と素晴らしいフットワークを披露して、いい意味で体調に変化なし。相手は強いが広い東京の良馬場で大きく変われる可能性を秘めている。

このページの先頭へ