馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2018/11/30new
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30new
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は12/21日 です。
グリーンファーム

プランタンヴェール 12月15日(土)

中山1R 2歳未勝利 ダ1200

中間に坂路4ハロン52秒台を2週連続でマーク。今週も馬なりで53・4-39・0-25・6-13・1秒と前回以上の調整内容で動き自体もグンと良化している。牝馬にしては馬格があって、身のこなしがやや硬めなだけに芝よりもダートに適性を感じさせるタイプ。条件替わりを味方に待望の初勝利を挙げる絶好チャンス。

猪熊広次

ブルーノバローズ 12月15日(土)

阪神5R 2歳新馬 芝1600

ひと追い毎に着実に動きがよくなり、1週前にウッド6ハロンからビッシリ追われて82・6-67・2-52・3-37・9-12・2秒。今週は芝コースに入って64・6-50・0-36・5-11・5秒と悪い馬場状態を苦にすることなく上々の伸び脚を披露した。デビュー戦から好走する兄弟が多い血統でV機十分。

阿部雅英

ヒシイグアス 12月15日(土)

中山7R 2歳未勝利 芝2000

古馬を追走して脚色で圧倒。ウッド4ハロン54・3-39・8-12・6秒とひと叩きされた分の上積みは十二分に見込める動きを見せている。初戦時は下見所でかなりうるさいシーンが見られたが、実戦では折り合いスムーズでしっかりと実力を発揮できた点に資質のよさが感じられた。順当に2戦目で勝ち上がれる素材だ。

G1レーシング

プロネルクール 12月16日(日)

中京2R 3歳上500万下 ダ1400

先週にウッド4ハロン54・2-39・6-12・3秒。今週もしまい重点で5ハロン70・6-55・0-40・4-12・1秒とこの馬のいつも通りの調整ができている。前走は1角にかけて窮屈めとなって位置を下げ、結果的には休み明けとしては厳しい展開にもなってしまった印象。叩き2戦目、実績ある舞台で前進必至。

佐野信幸

サノサマー 12月16日(日)

中山9R 香取特別 ダ2400

ウッド6ハロンから84・5-68・8-54・3-40・5-13・5秒と時計的には平凡だが、元来が稽古では走らないタイプ。意欲的にしっかり追えていれば実戦で力を発揮できる。戦績が示す通りダート長丁場で堅実無比。この中山2400戦も3走してすべて2着と能力発揮に支障ない舞台。今回も首位争いに加われる。

社台レースホース

バリオラージュ 12月16日(日)

中京9R 3歳上500万下 芝2200

前走後もすぐに乗り出しを開始されて攻め量十分。最週追いでもウッド4ハロン52・0-36・6-11・7秒と抜群の伸び脚を見せ、体調面の良化を強烈にアピールしている。前走は休み明け、小回りコースでコーナの動きが今ひとつだったが、直線ではしっかり脚を使って地力を示す2着。じっくり構えられる中京で本領発揮。

原禮子

ファミーユボヌール 12月16日(日)

中山10R 南総S 芝1200

先月末に坂路4ハロン51・8-37・8-24・9-13・0秒。除外で出走が延びたが、今週も53・7-39・1-25・4-12・7秒とその影響を感じさせない元気な姿。体調に不安はない。みちのくSは3ハロン通過33秒3の流れを外々で追走する厳しい形になってしまったが0秒4差。現クラスでもスピードは通用。

このページの先頭へ