第36回関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ)
馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2018/3/22new
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9new
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

おしゃれダービー選手権開催!

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は9/28 に公開します。
三田 昌宏

マイサンシャイン 9月22日(土)

阪神1R 2歳未勝利 ダ1800

間隔を十分に取って坂路最終追いで4ハロン52・9^39・1-25・7-12・9秒を計時。この時計を出せるのは勝ち上がり能力を持ってるからこそ。態勢は整っている。初戦は怖がりな面を出して馬群から離れる展開となったが直線はしっかり脚を伸ばして0秒5差。実戦慣れが見込める2戦目、砂替わり歓迎の血統で前進必至。

原 禮子

オメガハートクィン 9月22日(土)

阪神5R 2歳新馬 芝1600

入厩後は坂路で順調に乗り込まれ、今週は4ハロンから52・3-38・3-25・2-12・9秒をマーク。最後は併走馬をグイグイ引き離して何と6馬身差の大先着を決めた。回転速い小気味いいフットワーク、1頭になってもフワつくことなく最後まで脚勢が衰えなかった動きは申し分なし。初戦から首位争いの期待が懸けられる。

株式会社G1レーシング 吉田 正志

ダンサール 9月22日(土)

阪神12R 3歳上500万下 芝2000

先週にウッド6ハロン79・4秒の好時計。今週も83・2-66・2-51・2-37・5-12・2秒で1000万馬を圧倒するゴールシーン。骨折明けを使われながら確実に体調は上向いている。ここ2走を振り返っても相手悪しの組み合わせで、前走は4角で大きく外に弾かれる不利があっての3着。このクラスでは能力上位だ。

村木篤

ストロングレヴィル 9月22日(土)

中山12R 3歳上500万下 芝2000

今週は坂路4ハロン57・7-42・3-12・6秒とセーブしたが、1週前にはウッド5ハロンからの3頭併せで豪快に最先着。重い馬場で68・0-52.1-38・1-13・0秒と以前よりもパワーアップした走りを見せた。現級勝ちある実力馬で、パンパンの良馬場よりは渋り気味の馬場を好むタイプ。好条件が揃った印象。 /p>

吉田 千津

イディナローク  9月23日(日)

中山3R 3歳未勝利 ダ1800

ダートコースでしまい重点に5ハロン70・1-54・0-39・0-12・0秒とラスト好伸。夏に4走を消化したが、そのダメージをまったく感じさせない張り良好な馬体を維持できている。メンコを外した前走では馬間を割って久々に素晴らしい伸び脚を披露。速めの馬場にも対応して進境を示しており、今回もVチャンスは十分。

有限会社社台レースホース

ポルカシュネル 9月23日(日)

中山6R 3歳上500万下 ダ1800

先週末に坂路で52・9-39・2-12・9秒をマーク。今週もダートコースで5ハロンから69・6-53・9-39・7-12・5秒と至って順調な調整過程。前走時からの上積みを見込める。勝ち上がりまでに6戦を要したが、現級では3戦連続で好レースができており着実に階段を上がっている近況。牝馬同士なら好戦が確実。

このページの先頭へ