馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27new
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30new
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30new
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は1/31日です。
石川達絵

マックス 1月25日(土)

中山4R 3歳新馬 ダ1200

昨年末にウッド5ハロン66・1-37・6-12・2秒。年明けにも6ハロンから85・0-68・8-38・0-11・8秒と水準以上の時計を再三マーク。2度の除外で出走が延び延びになったが、今週も坂路で4ハロン53・2-38・6-25・2-12・6秒とその影響をまったく感じさせない動きを披露している。仕上がり度、走力ともに上位レベルで好戦必至。

GⅠレーシング

アルトリウス 1月25日(土)

中山10R 東雲賞 芝1600

1週前にウッド5ハロン67・3-38・1-12・8秒。今週も68・6-38・9-12・7秒と前走後の調整も至って順調。前回以上に走れる雰囲気を漂わせて上昇気配にある。その前走は5ハロン通過60秒5のスローで各馬の動き出しが早い競馬となったが、結果これに乗り遅れた感あるレース運び。直線で見せた猛追の伸び脚は復調を示すに十分で、更なる前進を期待。

社台レースホース

フィードバック 1月25日(土)

中山11R アレキサンドライトS ダ1800

今週はウッド5ハロン71・8-41・7-12・8秒とセーブしたが、1週前にしっかり追われて先行先着。66・8-51・8-38・3-12・2秒と好調持続をアピールする動きを見せている。テバテレ杯は正攻法の運びでマクッてきた馬がいても自分のペースを守れて3馬身差の完勝劇。その勝ちっぷり、ここまで5戦4連対と底を見せていない能力はここでも通用する。

サトミホースカンパニー

サトノウィザード 1月25日(土)

京都12R 4歳上1勝クラス 芝1800

坂路4ハロン50・7-37・1-24・5-12・7秒を馬なり計時。絶好の動きで長欠明けをひと叩きされた効果が十二分に感じられる。その前走は5ハロン通過61秒4のスローとなってしまい、上がり3ハロンも11秒4→11秒3→11秒5と不向きな展開。それでも最後までしっかり脚を使えた6着は及第内容と言える。時計要す馬場も合いそうで2勝目ゲットの絶好機。

社台レースホース

テクノポリス 1月26日(土)

中山2R 3歳未勝利 ダ1800

ウッド5ハロン69・3-53・3-39・2-12・2秒と全体時計は平凡だが、坂路経由で速い時計は出さない厩舎。2週連続で併せ先着と仕上がりのよさが目を引く状態だ。初戦はラスト失速も、手応えよく先行できて一瞬は先頭に並びかける勢いを見せ着順以上に中身ある内容だった。メンバーレベルが下がるダート戦なら、いきなりから上位争いに食い込んでも不思議ない。

子安裕樹

ベルキューティ 1月26日(日)

小倉6R 4歳上1勝クラス 芝1800

1週前にウッド5ハロン66・4-37・4-12・9秒としっかり追われてからの当地入り。今週もダートで5ハロンから68・9-53・6-40・2-12・7秒としっかり時計を出せ、馬体回復が望める調整メニューを消化できている。今回は馬場渋化への対応がカギとなりそうだが、昨秋には稍重馬場でも走れており十分にこなせそう。滞在効果と減量起用で上位進出の期待。

GⅠレーシング

レーガノミクス 1月26日(日)

小倉9R 4歳上1勝クラス 芝2000

休み明けの前走は平均的に流れて出入りも激しい競馬。4角手前では動けない位置にハマってしまい初の2ケタ着順に沈んだが、実力を出し切っての負けではないことは確か。参考外の一戦と考えてもいいだろう。今回は坂路4ハロン51・8-37・8-24・8-12・6秒と大幅良化を感じさせる抜群稽古。函館の稍重で好レースを演じている実績からも馬場渋化を味方に巻き返す。

このページの先頭へ