馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27new
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30new
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30new
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

特別座談会

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は2/28日です。
グリーンファーム

シングシングシング 2月22日(土)

東京4R 4歳上1勝クラス ダ1600

中1週での出走となるため坂路4ハロン55・3-41・3-27・0-13・2秒と軽めの調整だが、馬体の張りが良化して気配は上々。実力発揮の態勢はキープできている。休み明けだった前走は3ハロン通過35秒0とやや先行勢に厳しい流れとなったが、同型の人気馬を競り落とす格好で2着確保と中身濃い走りができていた。クラス上位の力量で再度、好戦が望める。

スリーエイチレーシング

ココフィーユ 2月22日(土)

東京12R 4歳上2勝クラス 芝1400

中1週でも坂路で3頭併せを敢行。4ハロン52・9-38・9-25・5-12・8秒を馬なりでマークして脚色優勢の好フィニッシュ。前回同様に気配のよさが目を引く好状態だ。マイペースで好位につけられるこの舞台が合っている印象で、前回も末脚しっかりの好レース。極端に速い時計を要求されないこの時期の馬場状態も味方しそうで久々Vの絶好機が巡ってきた。

サトミホースカンパニー

サトノエスペランサ 2月23日(日)

小倉4R 3歳未勝利 芝2000

小倉滞在でダート4ハロン57・1-41・7-13・1秒と微調整だが、中1週続きでこれで十分。体のラインがくっきり映る馬体を維持して走れる態勢にある。前走はBコース替わりの初日でスロー展開。上がり3ハロン11秒8→11秒7→11秒9では勝ち馬にうまく運ばれてしまったとしか言いようがない。それでも上がり最速マークと実力は誇示できており今度こそ。

社台レースホース

パーディシャー 2月23日(日)

東京4R 3歳未勝利 芝2400

中間はウッドで丹念に乗り込まれ、今週はポリトラックで5ハロン65・3-51・7-38・3-12・4秒を計時。先行していたとはいえ重賞出走馬を脚色で圧倒する絶好の動きを見せ、ひと叩き効果が十分に感じられる。初戦はコーナーワークが今ひとつで置かれ気味となったが、直線でもジワジワ脚を伸ばして6着。広い東京替わりと距離延長がプラスに作用して前進可能。

飯塚知一

シャドウブロッサム 2月23日(日)

京都6R 3歳1勝クラス 芝1400

中間は坂路で乗り込み、今週はポリトラックで5ハロン68・2-52・3-38・0-11・8秒と馬なりのままラスト好伸。いい意味で体調は安定している。前走はゲートで突進。タイミングが合わずに出遅れて、かつ3ハロン通過35秒4のスロー。それでも上がり最速となる33秒0の脚を駆使した内容は着順以上の評価ができる。1勝クラスの牝馬限定ならチャンスあり。

吉田和子

モンペルデュ 2月23日(日)

京都11R 大和S ダ1200

前回のJBCでは思わぬ形での競走中止。精神面の後遺症が心配ではあるが、1週前に坂路4ハロン53・1-37・9-12・2秒。今週も54・3-38・7-12・2秒と2週連続でラスト好伸。肉体面での不安は感じさせない動きを見せている。今回もテンに速い戦いとなりそうだが、速いペースでもこの距離なら簡単には止まらないのが持ち味。54キロなら首位争い確実。

サトミホースカンパニー

サトノシャーク 2月23日(日)

小倉12R 皿倉山特別 芝2600

今週は坂路4ハロン53・9-39・0-25・1-12・4秒とセーブ気味だったが、1週前には52・0-37・7ー24・7-12・4秒と体調アップをアピールする絶好の動きを披露。間違いなく上向いている。その前走はスローペースで3~4角で動き難い位置にハマッてしまった分だけ遅れを取った感じ。実績ある距離、ハンデ55キロなら前回以上の結果が期待できる。

このページの先頭へ