重賞レースイメージ 第86回東京優駿(日本ダービー)(GⅠ) 第133回目黒記念(GⅡ)
馬名あてクイズのページへ 重賞勝馬情報ページへ 先週の勝馬情報ページへ

新着情報

2019/3/27new
「会報」2019年春号を掲載しました。
2018/11/30new
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2018/11/30new
「協会だより」を更新しました。
2018/11/15
「会報」2018年夏号を掲載しました。
2018/3/22
「協会だより」を更新しました。
2018/3/9
「夢を追って」を更新しました。
2018/3/1
「夢を追って」を更新しました。
2018/2/8
「会報」2018年冬号を掲載しました。
2018/2/2
「夢を追って」を更新しました。
2017/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/11/24
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/11/17
「協会だより」を更新しました。
2017/10/13
「協会だより」を更新しました。
2017/9/14
「協会だより」を更新しました。
2017/9/1
フォトコンテスト開催中!詳細はこちら
2017/8/23
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/8/23
「会報」2017年夏号を掲載しました。
2017/6/13
「協会だより」を更新しました。
2017/6/6
「新潟歳時記」を更新しました。
2017/1/10
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2017/1/4
「夢を追って」を更新しました。
2017/1/4
「ごあいさつ」を更新しました。
2016/12/15
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2016/11/4
「協会だより」を更新しました。
2016/9/14
「協会だより」を更新しました。
2016/6/15
「新潟歳時記」を更新しました。
2016/6/15
「協会だより」を更新しました。
2015/12/7
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2015/11/5
「協会だより」を更新しました。
2015/10/9
「協会だより」を更新しました。
2014/11/4
「助成金・福祉活動」を更新しました。
2014/11/4
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/8/5
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/6/13
「協会だより 2014」を更新しました。
2014/4/21
「夢を追って」を更新しました。

今週の注目馬Attention horse

次回の情報は6/7日です。
社台レースホース

エクスプローシブ 6月15日(土)

函館4R 3歳未勝利 芝2000

6日に美浦でウッド6ハロン83・7-67・3-37・3-12・5秒としっかり追ってからの当地入り。今週も函館ウッドで4ハロン54・8-39・5-12・5秒と輸送の悪影響がなかったことを証明する動きを見せている。長丁場で安定した走りを見せており、前走も相手が悪かっただけ。適距離戦なら今度こそ初勝利をゲットする。

サトミホースカンパニー

サトノクライム 6月15日(土)

函館9R 3歳上1勝クラス ダ1700

先月末に栗東ウッド6ハロンから82・3-65・9-37・9-12・5秒。今週は函館ウッドで5ハロン67・9-38・8-13・3秒と質量十分の乗り込みを消化。実力発揮の態勢が出来上がっている。まだ素質だけで走っている印象が強いが、前走もラスト1ハロンは余力を残しながらの上位接近シーン。このクラスなら能力上位だ。

GⅠレーシング

スパイラルダイブ 6月15日(土)

東京11R ジューンS 芝2000

9日にウッド5ハロン68・1-39・1-12・6秒。今週は坂路で4ハロン55・8-40・7-12・9秒。美浦での追い切り本数は少ないが、きっちり馬体を保って気配は前走以上と映る。その前回はスタート後に他馬に張られて位置取りが悪くなったが、上がり最速をマークして現クラス通用の伸び脚。叩き2戦目で前進が期待できる。

吉田千津

リサオブザナイル 6月15日(土)

東京12R 3歳上1勝クラス ダ1600

前走後もウッドで順調に乗り込まれ、今週は6ハロンから85・6-69・1-54・0-40・3-12・9秒を馬なり計時。前回同様の引き締まった体で気配も良好だ。その前走はコントロールが利いたレース運びで、直線でも手応え通りの伸び脚を発揮する完勝劇。1勝クラス通用の勝ちっぷりを演じており、距離延長も問題ないはずだ。

阿部雅英

ヒシゲッコウ 6月16日(日)

函館8R 3歳上1勝クラス 芝2000

美浦でウッド5ハロン70・5-38・1-12・5秒をマークした後、函館に移動してウッド4ハロン53・2-38・5-12・6秒を計時。前走の反動を感じさせない順調な調整が消化できている。プリンシパルSでは直線でさばきに苦労するシーンがありながら3着と改めて潜在能力の高さをアピールした。ここは負けられない一戦。

猪熊広次

ストーミーバローズ 6月16日(日)

阪神10R 灘S ダ1800

坂路でしっかり追われて4ハロン54・0-39・0-25・5-12・8秒といつも通りの時計をマーク。ひと叩きされた分の上積みは十分に見込めそうだ。前走の東大路Sは早めにピッチが上がって休み明けとしては厳しい展開となったが、最後までしっかり脚を伸ばして4着好戦。1分49秒台の持ち時計もある得意舞台で首位争い必至。

GⅠレーシング

ペルソナデザイン 6月16日(日)

東京12R 3歳上1勝クラス 芝1800

中1週となるため坂路4ハロン59・0-42・8-27・8-13・1秒と軽めの調整だったが、脚さばきは軽快で調子落ちの気配はなし。好調キープと見ていいだろう。前走では障害練習の効果を示す自己最高の上がりタイムをマーク。同時に距離短縮による集中力アップを見せて実力フル発揮の好レース。同舞台戦で再度の好戦が望める。

このページの先頭へ